元SPEED「今井絵理子」の息子「今井礼夢」の先天性難聴は嘘である可能性大。

こんにちは。

HAJIMEです。

今回は、今井絵理子について書いていきたいと思います。

今井絵理子は、元SPEEDのメンバーで、今現在は自民党から出馬して参議院議員になっています。

過去の記事でも書かせて頂きましたが、SPEEDはデビュー当時からイルミナティ丸出しでした。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

そして、今井絵理子は、日本会議の女性組織に講師として呼ばれていました。

下記ツイートをご覧ください。

日本会議は生長の家へと繋がります。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

池田大作は元生長の家の信者ですから、生長の家=創価学会となります。

ですから、今井絵理子も創価と言えます。

そして、今井絵理子はAKB48の「高橋みなみ」とそっくりです。

下記ツイートをご覧ください。

ご覧の通り、かなり似ていますので、血縁関係があったとしても不思議ではありません。

また、高橋みなみは聖教新聞を購読しています。

下記画像をご覧ください。

聖教新聞=創価ですから、高橋みなみも創価と言えます。

そして、今井絵理子には息子の今井礼夢がいます。

今井礼夢は、先天性難聴とされています。

今現在は、「ヒートアップ」に入門してプロレスラーになっています。

ヒートアップはSDGsを推進しています。

SDGsは、創価によるNWO計画です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ですから、SDGsを推進しているヒートアップも創価と言えます。

今井絵理子は2008年の24時間テレビに息子と共に出演し、先天性難聴である事を公表しました。

2008年8月31日 – 『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』で自身の長男の感音性難聴を告白。

出典:今井絵理子 – Wikipedia

24時間テレビと言えば、創価学会による偽善番組です。

下記ツイートをご覧ください。

ですから、今井絵理子も、今井礼夢も共に創価とズブズブと言えます。

今井絵理子は、24時間テレビに出演後、2010年からNHKの「みんなの手話」の生徒兼司会に抜擢されています。

2010年4月 – 『みんなの手話』の生徒兼司会を担当(2011年3月まで)。

出典:今井絵理子 – Wikipedia

NHKも創価へと繋がります。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ご覧の通り、今井絵理子は創価とかなり深い繋がりがある様です。

わざわざ24時間テレビに出演して、息子の先天性難聴を公表した今井絵理子ですが、息子の先天性難聴を知った時の事を、日経xwomanのインタビューで以下の様に答えていました。

ーーーーーーーーーーーーーーー以下より転載(出典はこちら

礼夢の耳が聞こえないと分かったのは、生後3日後の検査のとき。耳が聞こえるか、聞こえないかを検査する「新生児聴覚スクリーニング検査」というものがあって、「この検査を受けますか?」と看護師さんに聞かれました。「せっかくだから」と何のためらいもなくお願いして、部屋で待っていたところ、「耳が聞こえにくい」と告げられました。そして2カ月後、大学病院で精密検査を受け、先天性の「高度感音性難聴」だということが判明。礼夢は生まれつき、音が全く聞こえないということだったんです。

 「聞こえない」と言われても、最初は全然ピンと来ず、病院では冷静だった私でしたが、夜になると一気に涙があふれてきました。当時の私は20歳。まだまだ未熟者で「赤ちゃんは五体満足で、健康で生まれてくるのが当たり前」と思っていました。そして、お腹のなかにいた礼夢に「私の歌を早く聞かせたい」とずっと願っていました。「いつかライブに来て楽しんでもらえるように頑張らなくちゃっ」て。

ーーーーーーーーーーーーーーー転載ここまで

私は、このインタビュー内容を見た時に違和感を覚えました。

と言いますのも、生後3日後の赤ちゃんに、耳が聞こえるか、聞こえないかをわざわざ検査する必要があるのかと疑問に思ったからです。

耳の聞こえる聞こえないは、近くで物音をさせたり、親が話しかければ分かる事です。

親が話しかけた上で、赤ちゃんの耳が聞こえない節がある様なら検査をすればいいと思うのですが、なぜ積極的に検査をするのでしょうか?

医者や病院側が積極的に検査するものは、基本的に必要の無いものばかりです。

「人間ドック」が存在しない「癌」を生み出すのと同様に、「新生児聴覚スクリーニング検査」というのも、かなり怪しく感じられます。

人間ドックを始めとした「予防医療」を広めたのが「日野原重明」です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

で、新生児聴覚スクリーニング検査について、厚労省のHPには以下の様に記載されています。

「新生児聴覚検査」とは、聴覚障害の早期発見・早期療育を図るために、新生児に対して実施する検査です。新生児聴覚検査には、おおむね生後3日以内に実施する「初回検査」、初回検査においてリファー(要再検)であった児を対象として、おおむね生後1週間以内に実施する「確認検査」があります。

出典:平成30年度「新生児聴覚検査の実施状況等について」の調査結果を公表します (mhlw.go.jp)

聴覚障害の早期発見・早期療育と書かれています。

ですから、日野原重明が広めた「予防医療」に該当する事になります。

予防医療という事は、わざわざ行う必要は無く、治療とは別の目的があるものと思われます。

しかも、生後3日以内に実施するとも書かれています。

そんなに急いで検査する必要があるのでしょうか?

違和感と疑問ばかりが浮かびますので、新生児聴覚スクリーニング検査の具体的な検査方法について調べてみました。

ーーーーーーーーーーーーーーー以下より転載(出典はこちら

新生児聴覚スクリーニング検査は、多くの場合で産後3日以内に出産した病院でおこなわれます。

もしくはは一ヶ月健診の際におこなう場合もあるため、事前に確認しておくとよいですね。

また、入院先の病院でスクリーニング検査を実施していない場合には、おこなっている病院を紹介してもらい、生後1ヶ月までの早いうちに検査を受けるようにしましょう。

検査にはママやパパが立ち会う必要はなく、赤ちゃんが寝ている間の10分ほどで終わります

もちろん安全で、痛みや違和感もないため、赤ちゃんにもほとんど負担になりません。

耳に羊水や耳垢が詰まっている場合には聞こえの反応が悪いことが多く、入院中に数回に渡って検査をおこなう場合もあります。

現在は次のような2つの方法で、新生児聴覚スクリーニング検査がおこなわれています。

1.自動聴性脳幹反応(Automated ABR)

赤ちゃんに電極を装着し、ある一定の音を聞かせて、脳幹からの電気的反応をみる検査です。

内耳から脳までのどこに異常があるか分かり、軽度の難聴から発見できます。

また、基本的にはすべての難聴を検出することが可能です。

2.耳音響反射(OAE)

イヤフォンから聞こえる音に対して、内耳にある蝸牛が反応して反響する音を検出して判断する検査です。

ただ、AABRより偽陽性率が高く、オーディトリーニューロパチーを見逃す(偽陰性の)可能性がありますので、可能であればAABRを行うべきです。

ーーーーーーーーーーーーーーー転載ここまで

まず、両親の立会を不要にしている点と、赤ちゃんが寝ている時に検査をするという点が引っ掛かります。

赤ちゃんが寝ている間に音を出して、起きるどうか見る検査であれば、わざわざ検査をする必要は無く、ただ近くで物音をさせて、起きるかどうかを見れば良いのではないでしょうか。

そう考えますと、なぜ赤ちゃんに対してわざわざ検査機器を使うのかも疑問です。

検査は安全で、赤ちゃんにほとんど負担が無いとありますが、自動ABRは電極を使用していますし、音の大きさもどの程度のものなのか分かったものではありませんので、本当に安全なのか、本当に負担が無いのかも甚だ疑問です。

そして、OAEは偽陽性が出る事から、自動ABRを推奨している様です。

自動ABRで検査している様子が動画でありましたので、ご覧ください。

赤ちゃんがもの凄い反応を示している事が分かります。

動画を見る限り、かなり大きな音を発しているのではないでしょうか?

生後3日以内の赤ちゃんにこの様な検査をしたのなら、逆に障害が起きてしまうのではないでしょうか?

先程も申し上げましたが、寝ている時に近くで物音を発して起きるかどうかを見ればいいだけであって、わざわざ機械で検査する必要はないものと思われます。

なので、検査が目的なのではなく、赤ちゃんの耳あるいは脳を破壊するのが目的の検査機械なのかもしれません。

その様に思ったのも、厚生労働省から「新生児聴覚スクリーニング検査」に関する手引書を見たからです。

下記の画像をご覧ください。

この手引書を作成したのが、「株式会社キャンサースキャン」という会社です。

キャンサースキャンのHPをご覧になって頂ければ分かりますが、冒頭で「予防医療のインフラを作るために」と出てきます。

ですから、新生児聴覚スクリーニング検査は予防医療に該当すると言えます。

そして、キャンサースキャンのロゴがCCCになっています。

C=6ですから、CCC=666=18となります。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ですから、キャンサースキャンはイルミナティ(=悪魔崇拝者)という事になります。

更に、キャンサー=Cancer=癌という意味になります。

癌は存在しない病気です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ですから、キャンサースキャンという会社は、存在しない癌をスキャンする会社という意味になります。

そして、その存在しないものをスキャンする会社が、新生児聴覚スクリーニング検査に関する手引書を作成しているという事は、新生児聴覚の難聴も存在しないものと言えるのではないでしょうか。

また、キャンサースキャンの社長が「福吉潤」という人物です。

慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、P&G Japanに入社。ブランドマネージャーとしてマーケティングやブランドマネジメントを担当する。 2006年、ハーバード大学経営大学院に進学しMBAを取得。同大学研究員として従事したのち、2008年11月に株式会社キャンサースキャンを創業。2021年、慶應義塾大学大学院医学部にて博士号(医学)を取得。

・慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科 非常勤講師
・厚生労働省 がん対策企業アクション アドバイザリーボードメンバー
・国立がん研究センター 外来研究員

出典:About us 会社紹介 – Cancerscan キャンサースキャン

福吉潤は慶應卒でハーバード大学にてMBAも取得している様です。

慶應は創価の工作員養成所です。

ハーバード大学も創価へと繋がります。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ですから、福吉潤は創価と言えます。

また、福吉潤は存在しない癌利権にも深く関わってもいる様です。

よって、キャンサースキャンはイルミナティ(=悪魔崇拝者)に間違い有りません。

そして、新生児聴覚スクリーニング検査は、公的補助が受けられる様です。

その公的補助を推進しているのが、公明党です。

公明党=創価ですから、新生児聴覚スクリーニング検査は創価案件に間違いないものと思われます。

新生児聴覚スクリーニング検査が創価であるという事は、その検査には何か裏があると考えられます。

金儲けの意味もあるかと思いますが、そこまで儲かる感じでも無さそうです。

目的はもっと別の所にあるものと思われます。

ポイントは、今井絵理子が24時間テレビに出演して、大々的に息子の聴覚障害を公表した点にあります。

公表するだけなら、24時間テレビにわざわざ出演する必要はありません。

出演した理由として、「聴覚障害を世間一般に広く認知させる目的があった」という事が考えられます。

その認知させた目的というのが、新生児聴覚スクリーニング検査を受けさせる為なのかもしれません。

そして、新生児聴覚スクリーニング検査は予防医療です。

予防医療は、イルミナティ(=悪魔崇拝者)によって作られた嘘の病気を造る為のものです。

つまり、新生児聴覚スクリーニング検査によって、難聴が作り出されるのではないでしょうか?

そして、聖書には生まれつき目が見えない人や、生まれつき足が悪い人の記述はありますが、生まれつき耳の聞こえない人の記述はありません。

過去の視覚障害者をWikipediaから見ますと、紀元前8世紀頃の「ホメーロス」や、紀元前251年頃の「ルキウス・カエキリウス・メテッルス」がいます。

また伝承ではしばしばホメーロスは盲目であったとされ、人格的な個性が与えられている。しかし、彼が実在の人物であったとしても、生きていた時代はいつ頃なのかも定まっていない。もっとも信じられている伝説では、紀元前8世紀とされている。

出典:ホメーロス – Wikipedia

メテッルスが最高神祇官を勤めていた時、ウェスタ神殿が火事になりパラディウムパラスに似せて作った木像で神聖なものとされていた)や他の神聖な品々が破壊されそうになった。メテッルスは躊躇することなく炎の中に飛び込み、このローマの神聖なシンボルを抱えて戻って来た。この際の熱のために、彼は盲目になってしまったが、ローマ元老院は彼に対してチャリオットに乗ってクリアに行く特権を与えた。彼の高貴な行動を記念して、メテッルス家はパラスの像も彼らの鋳造するコインに刻むようになった。

出典:ルキウス・カエキリウス・メテッルス (紀元前251年の執政官) – Wikipedia

対して、過去の著名な聴覚障害者として一番古い人物がベートヴェン(1770年12月16日頃 – 1827年3月26日)です。

ベートヴェンより前の年代で、著名な聴覚障害者がWikipediaには書かれていません。

ベートーヴェンに関する記述が以下の通りです。

20代後半頃より持病の難聴(原因については諸説あり、鉛中毒説が通説)が徐々に悪化。28歳の頃には最高度難聴者[要出典]となる。音楽家として聴覚を失うという死にも等しい絶望感から、1802年には『ハイリゲンシュタットの遺書』をしたためて自殺も考えた。

(中略)

40歳頃(晩年の約15年)には全聾[要出典]となり、さらに神経性とされる持病の腹痛や下痢にも苦しめられた。加えて、たびたび非行に走ったり自殺未遂を起こしたりするなどした・カールの後見人として苦悩するなど、一時作曲が停滞した。しかし、そうした苦悩の中で書き上げた交響曲第9番や『ミサ・ソレムニス』といった大作、ピアノ・ソナタや弦楽四重奏曲等の作品群は彼の辿り着いた境地の未曾有の高さを示すものであった。

出典:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン – Wikipedia

ベートーヴェンは、フリーメイソンと繋がりがあります。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

そして、難聴になった状態で作曲した交響曲第9番は、フリーメイソンから依頼を受けて作成したと言われています。

下記ツイートをご覧ください。

過去の著名な聴覚障害者の一番古い年代の人物がベートーヴェンであり、そのベートーヴェンはフリーメイソンと関りがあります。

つまり、聴覚障害者は少なからず、イルミナティ(=悪魔崇拝者)が関わっていると考えられます。

そして、もう一人著名な聴覚障害者がいます。

それが、私が学生の頃に教科書に出ていた「ヘレン・ケラー」です。

ヘレン・アダムス・ケラー(Helen Adams Keller、1880年6月27日 – 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国教育家社会福祉活動家著作家である。

視覚聴覚重複障害者盲ろう者)でありながらも世界各地を歴訪し、障害者の教育・福祉の発展に尽くした。

(中略)

1880年6月27日 – アメリカ合衆国アラバマ州タスカンビアで誕生。父のアーサー・ケラーはスイスドイツ語圏から移住したドイツ系の地主の息子で、南北戦争当時南軍大尉でドイツ系アメリカ人である。アーサーの母(ヘレンの祖母)のマリー・フェアファックス・ケラーはイングランド系アメリカ人南軍の総司令官、ロバート・E・リーとははとこの関係[注 1]にある。

出典:ヘレン・ケラー – Wikipedia

このヘレン・ケラーですが、実は「ロバート・E・リー」のはとこでした。

ロバート・エドワード・リー(Robert Edward Lee1807年1月19日 – 1870年10月12日)は、南北戦争の時代のアメリカ軍人教育者南部連合の軍司令官を務め、物量や国力において圧倒的に強大だった合衆国側の北軍を大いに苦しめた。最終的には敗北したが、アメリカ史上屈指の名将として評価が高い。

出典:ロバート・E・リー – Wikipedia

そして、ロバート・E・リーのLee家は、李家へと繋がります。

下記ツイートをご覧ください。

この事から、ヘレン・ケラーは李家へと繋がる事になります。

李家はイルミナティ13血流の一つです。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ですから、ヘレン・ケラーもイルミナティ(=悪魔崇拝者)と言えます。

そして、聴覚障害者の方が使うコミュニケーションに「手話」があります。

今井絵理子は、手話と称してイルミナティサインを頻繁に使っています。

下記ツイートをご覧ください。

さらに、手話で話題になる人物が皇族の「佳子さま」です。

天皇家はイルミナティ(=悪魔崇拝者)です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

つまり、手話もイルミナティ(=悪魔崇拝者)と深く関わりがある事になります。

そして、皇族だけでなく、過去に歌やドラマでも手話が取り入れられていました。

ーーーーーーーーーーーーーーー以下より転載(出典はこちら

  • 愛していると言ってくれ(1995年、TBS) – 第33回ギャラクシー賞テレビ部門大賞。聾唖の画家榊晃次(豊川悦司)と劇団員水野紘子(常盤貴子)の恋愛ドラマ。手話を学ぶ女性を倍にしたと言われる社会現象を起こした。
  • 星の金貨(1995年、日本テレビ)
  • 君の手がささやいている(1997年-2001年、テレビ朝日
  • オレンジデイズ(2004年、TBS) – 将来を期待されたが病気で聴覚障害となり失意の日々のバイオリニスト(柴咲コウ)と、彼女と社会福祉心理学を専攻の大学4年生結城櫂(妻夫木聡)とのロマンス。
  • ラブレター(2008-2009年、TBS) – 愛の劇場生誕40周年記念作品。主人公・美波の15年間の忘れられない初恋・純愛・真実の愛のかたちを丁寧に描いていく。心臓に障害を持つ児童も別に描かれている。

ーーーーーーーーーーーーーーー転載ここまで

ドラマで社会現象を巻き起こし、手話を学ぶ女性が倍になったと書かれています。

また、坂本九は世界初めて手話から作られた歌を歌っていた様です。

坂本九は、麻生太郎とそっくりです。

下記ツイートをご覧ください。

麻生太郎もイルミナティ(=悪魔崇拝者)です、(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ですから、坂本九もイルミナティ(=悪魔崇拝者)と言えます。

また、夏川りみは紅白歌合戦で手話を披露しています。

紅白歌合戦=NHK=創価となります。

そして、Ya-Ya-Yahの「世界が一つになるまで」はNWOを示唆していると言えます。

NWOを示唆した曲で手話を行っている訳ですから、イルミナティ(=悪魔崇拝者)が深く関わっている事になります。

そして、Ya-Ya-Yahはジャニーズ事務所に所属しているアイドルです。

ジャニーズの副社長に就任している滝沢秀明は創価信者です。

下記ツイートをご覧ください。

この様に、手話にイルミナティ(=悪魔崇拝者)が深く関わっており、また歌やドラマなどで手話を広めようとしている事から、聴覚障害者を増やそうとしているものと考えられます。

そして、新生児聴覚スクリーニング検査が始まったのが1960年頃~の様です。

年を重ねていく内に身体機能が低下して、耳が遠くなるという事は現実にありますが、先天性難聴というものは存在しないのではないでしょうか?

そう考えると、新生児聴覚スクリーニング検査は、先天性難聴を作り出す検査であるものと考えられます。

先天性難聴は世界中1000の出生数に対し1人の割合で生まれる最も多い先天性障害である。

出典:耳鼻科疾患分野|先天性難聴(平成23年度) – 難病情報センター (nanbyou.or.jp)

先天性難聴は、最も多い先天性障害とされている様ですが、それでしたら何故ベートーヴェンより古い年代の著名人がいないのでしょうか?

視覚障害者の著名人は数多くいるのに対して、聴覚障害者の著名人は数が少なく、年代も現代に近い人物ばかりで、しかもイルミナティ(=悪魔崇拝者)に関わっている人物になっています。

そして、聖書に生まれつき目が見えない者の記述はあるのに、生まれつき耳が聞こえない者の記述が無い理由として考えられるのが、「御言葉」です。

人間の霊魂は、神様の御言葉を聞く事で成長します。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

もし、耳が聞こえなかったなら御言葉を聞く事が出来ず、その人の霊魂は成長する事が出来ません。

そして、私たち人間がこの世に生まれてきた目的は、霊魂の救いと成長のためだとも、神様は仰っていらっしゃいます。

つまり、もし生まれつき耳が聞こえないとしたら、霊魂の救いと成長という目的を達成する事が出来なくなります。

ですから、生まれつき耳が聞こえない状態で生まれてくる人間はいないという事になります。

イルミナティ(=悪魔崇拝者)は、とにかく神様に反逆する連中です。

神様の成されようとされている目的を妨害する為(御言葉を聞く事が出来ない様)に、先天性難聴という障害を生み出しているものと考えられます。

そう考えますと、手話にイルミナティサインが組み込まれている事や、わざわざ皇族が手話を覚えて披露する事や、手話を広める為に歌やドラマで宣伝している事も辻褄があいます。

そして、24時間テレビで今井絵理子が大々的に宣伝したのも、新生児聴覚スクリーニング検査を私たち庶民に受けさせる為のプロパガンダと言えます。

また、先天性難聴が無いという事は、今井絵理子の息子・今井礼夢の先天性難聴も「嘘」という事になります。

つまり、今井絵理子と今井礼夢は、親子揃って先天性難聴という嘘を24時間テレビで大々的に行った「大噓つき」という事になります。

母は自由民主党参議院議員今井絵理子(元内閣府大臣政務官)。父は175RのボーカルでミュージシャンのSHOGO先天性難聴のハンディキャップを抱えている[1]

出典:今井礼夢 – Wikipedia

24時間テレビでは、本当に障害を持っていらっしゃる方が出演されています。

ですから、大嘘つきの今井絵理子と今井礼夢は、障害をもっていらっしゃる方を侮辱している事に他なりません。

そして、今井礼夢に至っては、音を感じて動いているかの様に、違和感が無かったそうです。

この事からも、先天性難聴は存在せず、今井礼夢は普通に音が聞こえているという事が言えます。

健常な息子であるにも関わらず、今井絵理子のオフィシャルサイトには、「障がいは個性、不便だけど不幸ではない」と書かれています。

「障がいは個性、不便だけど不幸ではない」と手話で伝えた。

出典:今井絵理子オフィシャルサイト (imai-eriko.jp)

今井絵理子の息子・今井礼夢が健常者である事実を知った障害者の方は、今井絵理子に裏切られたと思うのではないでしょうか。

この様に平然と嘘を付き、偽善的な発言をしているのも、今井絵理子がイルミナティ(=悪魔崇拝者)であるからに他なりません。

最後に、私の会社の同僚である庭師の方(70歳代)は、片方の耳が聞こえません。

そして、もう片方の耳には補聴器を使用しています。

この記事を書くにあたって、同僚の庭師の方に、生まれつき耳が聞こえなかったのかを聞いてみた所、小学生の頃に耳から膿が出て聞こえなくなったと仰っていました。

そして、膿が出た原因は、幼少の頃に患った百日咳じゃないかとも仰っていました。

更に、当時の医者に、遺伝する事は無いとも言われたそうです。

実際に、その方のお子さんには障害が出る事も無く、お孫さんも健常でいらっしゃいます。

この事からも、先天性難聴は存在しないと言えるものと思われます。

生後3日の赤ちゃんに予防医療なんて必要ありません。

私の親の世代は、予防医療なんてものは存在しない中、戦後の貧しい状態を逞しく生き抜いてきています。

医者や病院で言われる耳障りの良い言葉には、裏があると常に考えて疑い、自分で調べて判断しましょう。

親の誤った判断一つで、赤ちゃんのその後の人生が大きく左右される事になります。

ワクチン及び新生児聴覚スクリーニング検査は何としても回避する必要があると思われます。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

HAJIME