創価アニメ「のだめカンタービレ」も悪魔と契約する悪魔崇拝アニメです。

こんにちは。

HAJIMEです。

今回は、「のだめカンタービレ」について書いていきたいと思います。

のだめカンタービレは、漫画、アニメだけでなく、ドラマや映画などの実写化もされています。

私は、アニメでしか見ていませんが、好きで良く見ていたアニメになります。

のだめカンタービレは、クラシック音楽をメインにしたラブコメ作品になっています。

まず、クラシック音楽は、悪魔崇拝と深く関わっている分野でもあります。

その事は、ソプラノ歌手「シャーロット・ド・ロスチャイルド」がクラシックコンサートを開催している事からも明らかです。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

そして、のだめカンタービレの登場人物についてですが、主人公である「千秋真一」の祖父と両親に、天皇家へと関わりのある人物がモデルにされている様です。

まず、千秋真一の祖父が「三善誠一郎」というキャラクターです。

三善 誠一郎(みよし せいいちろう)声 – 青森伸

千秋の祖父で、作中では故人。三善商事初代社長。大きな包容力を持ち、音楽を愛する優しい人(特にエルガーが好き)。そのため征子の夫・雅之の活動も全面的に支援していた。

モデルとしては江戸英雄を髣髴とさせる。

出典:のだめカンタービレの登場人物 – Wikipedia

三善誠一郎は、「江戸英雄」という人物がモデルとされている様です。

江戸 英雄(えど ひでお、1903年7月17日 – 1997年11月13日)は、日本実業家三井不動産の復興に尽力し、社長、会長職、初代不動産協会理事長を務めた。また、東京ディズニーランド筑波研究学園都市の建設にも力を注いだ。

(中略)

戦後屈指のディベロッパー(都市開発者)で東京、千葉、茨城に日本を代表するランドマークを残した。財界の実力者だが世話好きとの評価が高い。誰であれ分け隔てなく接し、独自のコネクションを形成したとされ、中には銀座の与太者の頭[2]もいたとされる。田中角栄が出世する前に池田勇人から田中の娘の仲人を頼まれた縁で[3]、田中とも懇意だった[3]

(中略)

妻はピアニストの江戸弘子長女の江戸京子小澤征爾の元妻。江戸はこの時代の小澤に金銭的な援助を行っていたと言われる[6]。次女の江戸純子(すみこ)と三女の江戸涼子は共にヴィオラ奏者。

出典:江戸英雄 – Wikipedia

江戸英雄は、「池田勇人」から「田中角栄」の娘の仲人を頼まれた程の中でした。

池田 勇人(いけだ はやと、1899年明治32年〉12月3日 – 1965年昭和40年〉8月13日)は、日本政治家[1]大蔵官僚位階正二位勲等大勲位

大蔵次官衆議院議員(7期)、大蔵大臣(第556162代)、通商産業大臣(第2719代)、経済審議庁長官第3代)、自由党政調会長幹事長内閣総理大臣(第585960代)などを歴任した。全日本居合道連盟創立者および初代会長である。

出典:池田勇人 – Wikipedia

内閣総理大臣をも務めていた「池田勇人」は、創価学会の「池田大作」と繋がっていました。

下記ツイートをご覧ください。

ですから、池田勇人も創価と言えます。

また、江戸英雄の長女「江戸京子」が、「小澤征爾」の元妻だった様です。

そして、主人公・千秋真一の父親「千秋雅之」は、「小澤征爾」をモデルとしている様です。

千秋 雅之(ちあき まさゆき)声 – 堀内賢雄

千秋の父で、世界的に有名なピアニスト。征子と出会ってから成功を収め、三善家の支援もあって世界的に有名になった。しかし音楽活動にかまけて家庭を顧みず、マネージャーとの浮気現場を息子に目撃された事も。千秋が12歳のときに征子と離婚した。

(中略)

モデルとしては小澤征爾を彷彿とさせる。

のだめカンタービレの登場人物 – Wikipedia

小澤征爾は、天皇家一族です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

更に、主人公・千秋真一の母親「三善征子」は、「江戸京子」をモデルにしている様です。

三善 征子(みよし せいこ)演 – 黒田知永子、声 – 三石琴乃

千秋の母。家庭を顧みない夫と離婚し、実家に出戻っている。お嬢様育ちで世間知らずに見えるが、実は現実的。離婚の際にも慰謝料代わりに夫からマンションひとつ取り上げたほど。若い芸術家を援助する財団を運営しており、のだめの留学も支援した。千秋の外見はどうやら母親似。

(中略)

モデルとして江戸京子を髣髴とさせる。

出典:のだめカンタービレの登場人物 – Wikipedia

この様に、天皇家である小澤征爾と縁のある人物がモデルにされています。

天皇家は悪魔崇拝者です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ですから、のだめカンタービレも悪魔の思想が組み込まれているアニメと言えます。

また、キャラクターの中に、「オカマ」と「男色」を描いたキャラがいます。

下記引用をご覧ください。

奥山 真澄(おくやま ますみ)演 – 小出恵介、声 – 藤田圭宣

1981年1月4日生まれ、血液型AB型、身長170cm。体は男でも心は常に乙女チックな打楽器奏者。山形県出身。千秋と同学年。アフロヘアーと口ひげが特徴的。あだ名は「ティンパニーの真澄ちゃん」、千秋の命名「モジャモジャ」、自称「打楽器の王」。

高橋 紀之(たかはし のりゆき)演 – 木村了、声 – 石田彰

ヴァイオリン奏者。ブッフォン国際ヴァイオリンコンクール3位入賞経験あり。R☆Sオーケストラの公演に衝撃を受け、芸能界入りの話を蹴り入団を千秋に直談判。コンマスの座を清良から奪った。真澄ほど露骨ではないが男色の気あり。千秋のことを狙っていたが、美形なら誰でも良く現在は松田に夢中。コンセルヴァトワールの卒業生であり、その時に彼氏がいた。

出典:のだめカンタービレの登場人物 – Wikipedia

オカマ、男色は「LGBT」ですから、カルト宗教(悪魔崇拝宗教)である「生長の家(=創価学会)」へと繋がります。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

また、作中に「呪いのバイオリン」が登場します。

佐久 桜(さく さくら)演 – サエコ、声 – 能登麻美子

身長148cmと小柄ながらコントラバス奏者。背負って歩くとコントラバスが歩いているように見える(通称:妖怪コントラバス)。ヴァイオリン蒐集家の父親が事業を失敗。学費のために日々アルバイトに精を出すが、練習不足という本末転倒の結果に。父親が密かに所蔵していた「呪いの楽器」をはじめとする高級ヴァイオリンを売却して以降は家計が立ち直り、遅れを取り戻すべく猛練習に励む。

出典:のだめカンタービレの登場人物 – Wikipedia

「呪いの楽器をはじめとする高級バイオリン」とあります。

高級バイオリンと言えば、「ストラディバリウス」が有名です。

ストラディバリウスはヴァイオリニストや収集家の羨望の的であり、しばしばオークションにおいて高額で落札される[10]現存する真作で最も高値をつけたのは2011年6月21日に1589万4000ドル(約12億7420万円)で落札された1721年製のストラディバリウス「レディ・ブラント」である[11]。それ以前は2006年に約4億円で競り落とされた「ハンマー」が最高記録だった[12]。また、1699年製(愛称不明)が2億1700万円で落札されている。日本人では高嶋ちさ子がルーシーを2億円で購入、千住真理子がデュランティを2-3億円(正確な金額は非公表)で購入している。

(中略)

日本では、公益法人や企業の保有しているストラディバリウスが音楽家に貸与されている[13]特に日本音楽財団は複数のストラディバリウスを保有し、国内外の演奏家に無償貸与している。

出典:ストラディバリウス – Wikipedia

ストラディバリウスは、2011年に約12億円もの値段で落札されている様です。

とてもではないですが、私たち庶民が手を出せる代物ではありません。

そして、日本人で所持しているのが、「高嶋ちさ子」と「千住真理子」の二人だけの様です。

高嶋ちさ子は、「秋篠宮紀子」と似ており、父親の「高嶋弘之」も皇族に似ていますので、天皇家の親戚である可能性が高いです。

下記ツイートをご覧ください。

また、高嶋ちさ子は、音大生の頃は成績が悪かったという情報もあります。

もし仮に本当だとしたら、大した実力も無いのに、実力者として担ぎ上げられている事になります。

天皇家の血筋という「上級国民」ですから、十分に考えられる話です。

実際に、高嶋ちさ子のWikipediaには、演奏の実力に関する記述が一切ありません。(2021年9月1日現在)

6歳からヴァイオリンを習い始め[4][5]徳永二男江藤俊哉ショーコ・アキ・アールに師事した。青山学院初等部青山学院中等部桐朋女子高等学校音楽科桐朋学園大学音楽学部卒業[6]

イェール大学音楽学部大学院修士課程アーティスト・ディプロマコース修了[7]

1995年[8]、26歳でチョコレート・ファッションというユニットで東芝EMIからCDデビュー[9][6]

1996年、ソロ活動開始[9]

1997年、フジテレビアナウンサー軽部真一と共に『めざましクラシックス』[10]を立ち上げる。

2014年第27回日本メガネベストドレッサー賞・文化部門を受賞[11]

(中略)

子供時代のあだ名は「悪魔」、「Devil」[17]

出典:高嶋ちさ子 – Wikipedia

あるのは、それこそ演奏の実力に全く関係の無い、日本メガネベストドレッサー賞だけです(笑)

ですから、高嶋ちさ子が大した実力が無いというのは、事実である可能性が高いものと思われます。

また、私は楽器の演奏も出来ませんし、音楽に関しては全くの素人なので、演奏を聞いても上手いのか下手なのかは判断が付きません。

音楽に精通している方であれば、真偽の程が分かるものと思われます。

大した実力が無いのであれば、いずれ化けの皮が剝がされますから、実力が本当にあれば生き残れるでしょうし、実力が無ければ埋もれていく事になります。

また、高嶋ちさ子の所有しているストラディバリウスは2億円もする「ルーシー」という物の様です。

ルーシーは、ルシファーの愛称及び略称ともされていますので、高嶋ちさ子はルシファーの力を得ようとして、ストラディバリウスを購入したものと思われます。

実際に、子供時代のあだ名が「悪魔」、「Devil」だそうですから、子供の頃からサタン(=悪魔)の力を受けていたのかもしません。

天皇家が関わっていますので、本当に2億円も出して購入しているのかは怪しい所です。

もしかしたら、お金ではなく、ストラディバリウスを所有する為の悪魔崇拝儀式を行ったのかもしれません。

いずれにせよ、ストラディバリウスが悪魔崇拝に関係している事は、間違いないものと思われます。

そして、もう一人の所有者が「千住真理子」という人物です。

千住 真理子(せんじゅ まりこ、1962年4月3日 – )は、日本ヴァイオリニストジャパン・アーツ所属。レコードレーベルは、EMIミュージック・ジャパン(現:ユニバーサルミュージック)。慶應義塾大学文学部哲学科卒業。血液型A型。東京都杉並区出身。

父は工学博士慶應義塾大学名誉教授)の千住鎮雄。母はエッセイスト教育評論家千住文子。長兄は日本画家千住博。次兄は作曲家千住明

出典:千住真理子 – Wikipedia

千住真理子は慶應義塾大学卒業と書かれています。

同様に、父親の千住鎮雄は慶應義塾大学の名誉教授の様です。

慶應義塾大学と言えば創価の工作員養成所ですから、千住真理子も創価と言えます。

創価ですが、千住真理子は高嶋ちさ子と違って、12歳でプロデビューする程の実力だった様です。

少し長いですが、下記引用をご覧ください。

音楽好きだった祖父母の影響で、生後2年3ヶ月から鷲見三郎ヴァイオリンを習うと同時に奥裕子鷲見康郎に師事する。11歳より江藤俊哉に師事する。慶應幼稚舎時代の低学年まではほとんど練習をせず、コンクールに出ることもなかったが、1972年に第26回全日本学生音楽コンクール東京大会小学生の部で第2位になる。翌1973年、同コンクール東京大会、全国大会小学生の部で第1位を受賞した。1975年、第1回NHK若い芽のコンサートNHK交響楽団と共演し、12歳でプロデビューする。1977年、15歳の時、第46回日本音楽コンクールを最年少で優勝した。1979年、17歳の時、第26回パガニーニ国際コンクールに最年少で入賞した(第4位)。

(中略)

愛器は1716年製のストラディヴァリウスで、この楽器を個人で所有している者は2014年現在、世界で4人しかいない。「デュランティ」の愛称で知られる。ストラディヴァリが製作しててすぐにローマ教皇クレメンス14世に献上され、その後フランスのデュランティ家に約200年間所蔵されていた。次いでこの楽器はスイスの富豪の手に渡ったが、その約80年後の2002年にその富豪が演奏家のみを対象に売りに出したため、千住家が2億円から3億円(正確な金額は非公表)で購入した。

約300年間誰にも弾かれずに眠っていた幻の名器とされている。この300年は、「城に隠され演奏家が弾くことはなかった」と2011年にNHKの番組(イタリア特集)で紹介された。

母・千住文子の著書『千住家にストラディヴァリウスが来た日』に真理子のストラディヴァリウス購入に際し次兄・明が「僕が何とかする」と言ってニューヨーク在住の長兄・博と連携して金銭を必死に集めた兄妹愛が生き生きと描かれている。

(中略)

また2020年9月17日(木)午前9:05~午前9:55(50分)にNHKラジオ第1放送で放送された『らじるラボ 9時台「表現者たち」』のゲスト出演において、ストラディヴァリウス「デュランティ」を弾きこなすためには絶対的な体力が必要で、そのために各部の筋力トレーニングはもちろんのこと、毎朝生卵を3つ生飲みする習慣がついたと語った。

出典:千住真理子 – Wikipedia

また、購入時の資金集めについても記載され、本でも出版している様です。

更に、千住真理子が言うには、ストラディバリウスを弾きこなすには絶対的な体力が必要で、各部の筋トレが必要らしいですが、高嶋ちさ子のWikipediaには何の記載もありません。

愛器として記載されているだけです。

愛器はストラディバリウス・ルーシー(1736年製)[19]

出典:高嶋ちさ子 – Wikipedia

ですから、ますます怪しくなってきました。

また、千住真理子の購入金額も非公表ですし、創価と関係している以上、鵜呑みにする事は出来ませんが、一応12歳でプロデビューする程の実力者の様ですので、高嶋ちさ子よりかはまだ信憑性が高いものと思われます。

どちらにせよ、高嶋ちさ子に大した実力がないというのは、本当の事の様に思われます。

また、日本財団がストラディバリウスを所持しており、演奏家に貸与しているとの記述がWikipediaにありますが、日本財団もイルミナティ(=悪魔崇拝者)です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

以上から、ストラディバリウスはイルミナティ(=悪魔崇拝者)が深く関わっているバイオリンと言えます。

ですから、何億円もするのは、イルミナティ(=悪魔崇拝者)が言っているだけで、本当はそんな大した価値が無いんじゃないかとも思われます。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

次に、のだめカンタービレで出てくる楽曲として、大きく取り扱われているのが「ブラームス」です。

ヨハネス・ブラームスJohannes Brahms1833年5月7日 – 1897年4月3日)は、19世紀ドイツ作曲家ピアニスト指揮者J.S.バッハBach)、ベートーヴェンBeethoven)と共に、ドイツ音楽における三大Bとも称される。ハンブルクに生まれ、ウィーンに没する。作風はおおむねロマン派音楽に属するが、古典主義的な形式美を尊重する傾向も強い[1]

出典:ヨハネス・ブラームス – Wikipedia

バッハ、ベートーヴェン、ブラームスと共に三大Bと呼ばれている様です。

しかし、3B=3b=bbb=666となりますので、イルミナティ(=悪魔崇拝者)と思われます。

下記ツイートをご覧ください。

そして、ブラームス(Brahms)は、アブラハム(Abraham)のアナグラムである可能性が高そうです。

更に、Johannesから、ユダヤ人であるとも考えられます。

ブラームスはベートヴェンを尊敬しており、ユダヤ系の事業家らと繋がっていた様です。

リヒャルト・ワーグナーとは反りが合わなかった。もっとも、ワーグナーはブラームス自身が演奏した『ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ』を聴いて、「古い様式でも、本当に出来る人にかかると、いろいろなことが出来るものだ」と評価している[49]。また、ブラームスのほうもワーグナーの作品をドイツが誇るべき偉大なものと捉えていて、自らを「最高のワーグナー・ファン」と称したこともある[50]。何より、両者はベートーヴェンを尊敬していたという点が共通する。

(中略)

ドイツ愛国主義者でもあり、普仏戦争の勝利を祝った『運命の女神の歌』や、『ドイツ軍勝利の歌』などの作品を残している[52]彼の部屋にはベートーヴェンの像[53]と、ドイツ帝国の宰相オットー・フォン・ビスマルクの写真[54]が飾られていた。一方、ユダヤ系事業家らと親交があったこともあり、「反ユダヤ主義は狂気の沙汰だ」と知人に語ってもいる。

ヨハネス・ブラームス – Wikipedia

「反ユダヤ主義は狂気の沙汰だ」と語っている事からも、ブラームス自身がユダヤ人である可能性が十分に高いものと言えます。

そして、ブラームスの尊敬するベートーヴェンは、フリーメイソンと繋がっている事が彼の作品から明らかにされています。

下記ツイートをご覧ください。

フリーメイソンと繋がっているベートーヴェンを尊敬しているブラームスも、間違いなくイルミナティ(=悪魔崇拝者)と言えます。

ですから、のだめカンタービレにて、メインで取り扱っているのも、神様への反逆の意味が込められているものと考えられます。

ブラームスの他にもう一つ大きく取り扱われている曲が「ラフマニノフ」です。

ラフマニノフを作曲した人物が、「セルゲイ・ラフマニノフ」です。

セルゲイ・ヴァシリエヴィチ・ラフマニノフСерге́й Васи́льевич Рахма́ниновロシア語: [sʲɪrˈɡʲej vɐˈsʲilʲjɪvʲɪt͡ɕ rɐxˈmanʲɪnəf]、ラテン文字転写例: Sergei Vasil’evich Rachmaninov[注釈 1]1873年4月1日(当時ロシアで用いられていたユリウス暦では3月20日) – 1943年3月28日)は、ロシア帝国出身の作曲家ピアニスト指揮者

(中略)

ラフマニノフはピアノ演奏史上有数のヴィルトゥオーソであり、作曲とピアノ演奏の両面で大きな成功を収めた音楽家としてフランツ・リストと並び称される存在である[6]彼は身長2メートルに達する体躯と巨大な手の持ち主で、12度の音程を左手で押さえることができたと言われている(小指でドの音を押しながら、親指で1オクターブ半上のソの音を鳴らすことができた)。また指の関節も異常なほど柔軟であり、右手の人指し指、中指、薬指でドミソを押さえ、小指で1オクターブ上のドを押さえ、さらに余った親指をその下に潜らせてミの音を鳴らせたという。恵まれたこの手はマルファン症候群によるものとする説もある[10]

出典:セルゲイ・ラフマニノフ – Wikipedia

ラフマニノフは、マルファン症候群だったのではないかとされています。

マルファン症候群 (マルファンしょうこうぐん、Marfan syndrome、MFS)とは、常染色体優性遺伝の形式をとる細胞間接着因子(フィブリンと弾性線維)の先天異常症による結合組織病(遺伝障害、遺伝病)。マルファンはドイツ語式発音によるもの。

(中略)

指が長いため、ピアノバイオリンを演奏する際に、一般人では不可能な演奏をすることができる。そのため、それらの奏者として有名な人がいる。ニコロ・パガニーニセルゲイ・ラフマニノフなど)

出典:マルファン症候群 – Wikipedia

マルファン症候群は遺伝性の疾患の様です。

そして、音楽家としてはラフマニノフだけでなく、「ニコロ・パガニーニ」もマルファン症候群であったとされています。

ニコロ・パガニーニ(Niccolò(あるいはNicolò) Paganini, 1782年10月27日 – 1840年5月27日)はイタリアヴァイオリニストヴィオリストギタリストであり、作曲家である。特にヴァイオリンの名手としてヨーロッパ中で名声を獲得した。

(中略)

そのヴァイオリン演奏のあまりの上手さに、「パガニーニの演奏技術は、悪魔に魂を売り渡した代償として手に入れたものだ」と噂されたという。そのため彼の出演する演奏会の聴衆には、本気で十字を切る者や、本当にパガニーニの足が地に着いているか確かめるため彼の足元ばかり見る者もいたという。

少年時代から病弱であったが、1820年に入ると慢性の咳など体調不良を訴え、『毒素を抜くため』に下剤を飲み始める。1823年には梅毒と診断されて水銀療法とアヘンの投与が開始された。さらに1828年頃には結核と診断され、甘汞を飲み始め、さらに下剤を飲み続けた。その後、水銀中毒が進行して次第にヴァイオリンを弾くことができなくなり、1834年頃についに引退する。そして1840年に水銀中毒による上気管支炎ネフローゼ症候群慢性腎不全によりニースで死去。

(中略)

猛特訓の末に左手が柔軟になっていたことが彼の超絶技巧を可能にした。これは、マルファン症候群によるものという説があり、アイザック・アシモフはその著書において、悪魔的とまで言われた演奏技術は、マルファン症候群特有の指の長さや、関節のなめらかな動きがもたらしたものではないかとする見方を示している。

出典:ニコロ・パガニーニ – Wikipedia

パガニーニの演奏は「悪魔に魂を売り渡した代償として手に入れたものだ」と噂される程に上手だったようです。

彼は病弱で、治療の為に水銀療法とアヘンを投与していたと書かれています。

水銀は、空海が麻薬の代用として使用していました。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

水銀もアヘンも麻薬ですから、悪魔崇拝へと通じます。

ですから、パガニーニは治療だけでなく、悪魔崇拝儀式の一環としても、水銀を麻薬代わりに使用していたのかもしれません。

そして、現代のマルファン症候群を罹患している著名人として、「米津玄師」がいます。

米津玄師は、雑誌のインタビューで以下の様に発言しています。

先ほど「オルタナティブ」というテーマから周囲への違和感という話を聞いたんですが、米津さんの場合は最初に身体の話が出てくる。つまり、自分の身体についての特異な感覚は大きなポイントなんだと思うんです。ご自身はどう捉えていますか?

すごく気持ち悪い身体で生まれてきたなって感じがあるんですよね。だから、自分が着る服って、わりとボディラインが隠れるものが多くて。それもあんまり意識してなかったんですけど、ある時、細長い手足とか、そういうものを包み隠してくれるようなものを好んで着てることに気付いた。昔から背が高かったので、身長が伸びるスピードが速くて、丈が足りない問題っていうのがあって。だから、ピッタリしたものが着たくなかったんです。貧相に見えてしまうし。自分にちゃんとフィットしたものを買ってもらえない貧困があると考えていて。だから、なるだけデカいものを着て、それによって自分の姿も隠すっていう生き方でずっとやってきました。最近になってようやく、「それでいい」って思えるようにはなってきましたね。

肯定的に捉えられるようになったんですか?

すごい猫背なんですよ(笑)。これまでは写真を撮る時も必要以上に背をまっすぐ伸ばしたりしてたんですけど。「そういうもんだしな」って。マルファン症候群の症状の一つに、骨の湾曲みたいなものがあるらしくて。俺の背骨ってめっちゃ曲がってるんですよ。たぶん、そもそものことなんですよね。そもそもそういうふうに生まれてきたんなら、それでいいと思えるようになってきた。そういう感じはありますね。

出典:「Lemon」がミリオンDL突破米津玄師がオルタナティブを語る | HIGHSNOBIETY.JP(ハイスノバイエティ)

この様に、米津玄師はマルファン症候群の身体的特徴が如実に表れている様です。

そして、米津玄師は紛れもなくイルミナティ(=悪魔崇拝者)です。

下記ツイートをご覧ください。

この様に、米津玄師に似ている者が複数いる事から、米津玄師は上級国民と言えます。

そして、上級国民は近親相姦を繰り返していますので、遺伝性疾患の罹患率は必然的に高くなります。

ですから、マルファン症候群を患っている人物は、近親相姦による可能性が非常に高いものと言えます。

また、米津玄師だけでなく、元米大統領のリンカーンもマルファン症候群であった可能性があります。

リンカーン元米大統領も発症していたと考えられている遺伝病マルファン症候群のうち2型の原因遺伝子を、科学技術振興機構の研究チーム(代表、新川詔夫・長崎大教授)が見つけた。4日付の米科学誌ネイチャー・ジェネティクス電子版に発表する。早期診断と発症予防にも役立つと期待される。

出典:リンカーンも発症?のマルファン症候群、原因遺伝子発見 (hirosaki-u.ac.jp)

リンカーンもイルミナティ(=悪魔崇拝者)です。

ですから、マルファン症候群を罹患している人物は、近親相姦を繰り返しているイルミナティ(=悪魔崇拝者)である可能性が非常に高いものと思われます。

この事から考えますと、パガニーニもラフマニノフもイルミナティ(=悪魔崇拝者)である可能性が高いものと思われます。

また、ラフマニノフはフィギュアスケートの浅田真央が、2014年のソチ五輪にて使用していました。

浅田真央は「李家」の「李徳恵」にそっくりです。

ですから、浅田真央も紛れもなくイルミナティ(=悪魔崇拝者)です。

そして、4年に一度開催される五輪は、悪魔崇拝儀式の一環です。

李家の浅田真央が、4年に一度の五輪で「ラフマニノフ」をわざわざ使用するのも、イルミナティ(=悪魔崇拝者)にとっては、悪魔から力受ける為に必要な事なのでしょう。

同じく李家である「荒川静香」も、ケルティックウーマンの「You Raise Me Up」という曲を使用していました。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ですから、のだめカンタービレの作中で、大きく取り扱っている曲である「ブラームス」、「ラフマニノフ」も、悪魔から力を受ける為のものなのかもしれません。

この様に、のだめカンタービレは、作中の至る所でイルミナティ(=悪魔崇拝者)と関係している内容が登場します。

そして、主人公である「のだめ」と「シュトレーゼマン」という指揮者が、悪魔的な契約を結ぶシーンがあります。

その描写が、まるで悪魔崇拝儀式を描いているかの様に見受けられます。

下記動画の19:05~をご覧ください。

「私は、お前の伴侶になってお前に仕えよう。お前が望むならお前を救い、お前が望む物の全てをやろう。ただし、それが全て叶ったら、地獄の世界では反対に私に仕えるのだ。」というセリフがあります。

地獄の世界とありますが、これは霊界の事を指しています。

この地上で、サタン(=悪魔)と契約したのなら、契約者の霊魂はサタン(=悪魔)へと引き渡され、地獄でサタン(=悪魔)に一生弄ばれる事になります。

私たち人間には、肉体だけでなく霊魂も存在しています。

肉体の死後、肉体から霊魂が離れ、神様のいらっしゃる天国か、サタン(=悪魔)のいる地獄へと振り分けられます。

天国に入るか、地獄へ落とされるかの権限は、神様が有しています。

体は殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい。

マタイによる福音書 10章 28節

「魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方」というのは、もちろん「神様」の事を表しています。

それこそ、サタン(=悪魔)と契約するという事は、神様への意図的な反逆です。

そして、肉体の死後、霊魂は霊界で死ぬ事なく、その後も永遠に生き続けます。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ですから、サタン(=悪魔)と契約をしているイルミナティ(=悪魔崇拝者)は、肉体の死後、その霊魂はサタン(=悪魔)に嬲り者にされるという永遠の地獄を生きる事になります。

漫画やアニメの描写なので、過激な演出に見えますが、悪魔との契約シーンのセリフは、概ね真実と言えるでしょう。

この様に、クラシック音楽とラブコメの作品であるにも関わらず、悪魔との契約シーンを彷彿とさせるシーンが描かれています。

昨日の記事でも、サタン(=悪魔)との契約を描いたアニメをご紹介させて頂きましたが、サタン(=悪魔)と契約するという事は、富や名誉、地位などを得た代わりに、その代償として、親族の命等を生贄として差し出したりしなければなりません。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ですが、RAPTブログ有料記事の御言葉を学び、御言葉の通りにどこまでも従順に従い通していく事で、神様は、神様を信じ、神様を愛する義人の願いを叶え、肉体の死後は、天国へと迎え入れて下さいます。

そして、願いが叶った後も、サタン(=悪魔)の様に後から生贄を要求するという様な事はありません。

どちらがいいかは、言うまでもありませんね。

一人でも多くの方が、神様の存在に気付き、RAPTブログ有料記事の御言葉に出会って頂けるきっかけとなれば幸いです。

私が、神様の存在を確信した瞬間を、過去に記事にさせて頂いております。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

そして、のだめカンタービレの作中でも、悪魔と契約をした「のだめ」は、コンサートは成功するものの、その後に虚無になる様子が描かれています。

生贄などの描写はもちろんありませんが、現実にイルミナティ(=悪魔崇拝者)は、サタン(=悪魔)との契約によって、生贄として多くの人の命を犠牲にしてきました。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

たかがアニメとは言え、サタン(=悪魔)との契約シーンを描くのは異常と言わざるを得ません。

そして、のだめカンタービレを出版している出版社が「講談社」です。

講談社も創価企業です。

下記ツイートをご覧ください。

更に、作者の「二ノ宮知子」は、創価の糸井重里が主宰の「ほぼ日刊イトイ新聞」からインタビューを受けています。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

糸井重里は創価です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

出版社及び作者が創価と繋がりますから、必然的に「のだめカンタービレ」も創価学会と関係がある事になります。

そして、創価学会は悪魔崇拝宗教です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

また、のだめカンタービレはラブコメ作品になっていますが、「恋愛」もイルミナティ(=悪魔崇拝者)による洗脳です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

とにかく、アニメなどのサブカルチャーにはイルミナティ(=悪魔崇拝者)の洗脳が、そこかしこに組み込まれています。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ですから、漫画やアニメ、ドラマ、映画などを視聴する際には十分にご注意下さい。

暇つぶしとしてボーッと見ていると、知らず知らずの内に、イルミナティによる洗脳が施されてしまいます。

その事は、「女王の教室」で「天海祐希」が教えてくれています。

下記ツイートをご覧ください。

この事からも分かる通り、イルミナティ(=悪魔崇拝者)は、私たち庶民が真実を知って立ち上がる事を恐れています。

イルミナティ(=悪魔崇拝者)は、全人類の人口から考えたら、ほんの一握りしかいません。

私たち庶民の方が、数は圧倒的に多いのです。

もし仮に、私たち庶民の全員が立ち上がったとしたら、イルミナティ(=悪魔崇拝者)は圧倒的多数の数の前に成す術が無くなります。

その為、嘘のコロナパンデミックを引き起こしては、コロナウイルスという恐怖を煽り、私たち庶民にワクチンという毒を接種させては、圧倒的優位の数を減らそうとしているのです。

つまり、ワクチン接種の目的は人口の削減です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

私たち庶民が、このまま何もせずにボーッとしているなら、イルミナティ(=悪魔崇拝者)による支配が終わる事はありません。

悪ばかりを行うイルミナティ(=悪魔崇拝者)の支配体制を終わらせる為には、私たち庶民が真実を知り、立ち上がる必要があります。

RAPTブログRAPT理論+αにて真実を知って下さい。

真実を知る事、真実を知ろうとする事が、大事な一歩になります。

世の中の情報(テレビ・新聞など)をいくら見ても、真実の情報は報道されません。

テレビ、新聞などのマスコミは全てイルミナティ(=悪魔崇拝者)によって牛耳られています。

一人でも多くの方が、この事実に気付いて下さり、志を同じく立ち上がって下さいます事を心から願っています。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

HAJIME