醤油業界は、イルミナティによって牛耳られており、イルミナティの資金源にもなっています。

こんにちは。

HAJIMEです。

今回は、醤油(しょうゆ)について書いていきたいと思います。

醤油と言えば、料理に欠かせない調味料の一つです。

特に和食では、醤油の使用頻度が高く、中にはこだわりを持っている方もいらっしゃるかと思います。

先日、醤油に関してあるニュースがありました。

下記リンクの記事をご覧ください。

ヤフーニュースは、すぐに削除される恐れがありますので、念の為転載致します。

ーーーーーーーーーーーーーーー以下より転載(出典はこちら)

 新型コロナウイルスのmRNAワクチン。このワクチンには、調味料の日本の大手製造メーカー「ヤマサ醤油」が製造する原料が使われています。いったい、なぜ?そして、その原料とは?

 「ヤマサ醤油」(千葉・銚子市)は正保2年(1645年)の創業、300年以上にわたって食卓に欠かせない調味料“しょうゆ”を作り続けています。そんな老舗企業の伝統の技術がいま、コロナ禍の世界を変える“ワクチン”の原料として活用されています。mRNAワクチンに欠かせない重要な原料を製造、日本や世界で使われているファイザー社とモデルナ社に提供しているのです。

■ヤマサ醤油が製造 新型コロナワクチンの原料とは
 ヤマサ醤油が作っているワクチンの原料は、「シュードウリジン」という白い粉状の物質です。ワクチンでどんな役割を果たしているのしょうか。

 ヤマサ醤油によると「シュードウリジン」は、新型コロナワクチンのmRNA(メッセンジャーRNA)を構成する物質の1つで、私たちの体の細胞にも存在しています。mRNAは、体内で炎症を起こすことから、医薬品としての実用化は難しいと考えられていました。

 しかし2005年、新型コロナウイルスのmRNAワクチンを開発研究したドイツの製薬大手、ビオンテックのカタリン・カリコ上級副社長と、アメリカ・ペンシルベニア大学のドリュー・ワイスマン教授の2人は、mRNAをこの「シュードウリジン」で構成すれば、炎症が抑えられるという論文を世に出したのです。

 私たちの体は、異物が入ってくると防御するために免疫機能が作用します。この免疫機能が、体内に取り込まれたワクチンのmRNAを異物ととらえて、作用できないようにしてしまわないように、「シュードウリジン」で構成されたmRNAを使うことで、免疫機能を回避し、目的のタンパク質を生成することができるのです。

※コロナウイルスの突起部分=スパイクタンパク質のmRNAを投与すると、そのmRNAによりスパイクタンパク質が細胞内で生成され、結果それを攻撃する抗体が作られます。通常のmRNAでは、免疫機能により減少し、蛋白質が作られにくくなるところ、「シュードウリジン」に置き換えたmRNAの場合、この免疫機能を回避できるようになり、十分タンパク質が作られるようになります。

 「シュードウリジン」がなければ、mRNAワクチンを接種しても、ウイルスを攻撃する抗体が十分に生成できないといっても過言ではありません。

■なぜ、ヤマサ醤油が製造?
ヤマサ醤油のうまみ味調味料

 なぜ、「シュードウリジン」の製造をヤマサ醤油が?ヤマサ醤油の医薬・化成品事業部の担当者に聞きました。

 「日本の料理は、だしで決まる」かつおぶしやしいたけからとる出汁は、日本料理の味を引き立てます。ヤマサ醤油も長年この「うまみ」の研究を続けています。

 かつおぶしのうまみの成分はイノシン酸、しいたけのうまみ成分はグアニル酸。これらは「核酸化合物」です。そして、シュードウリジンも「核酸化合物」の1つなのです。ヤマサ醤油は、1970年代から60年以上にわたって、核酸関連物質の研究をしてきました。1980年代には、試薬としてすでにシュードウリジンを海外に輸出していたのです。

■コロナワクチンなど医薬品の原薬の新工場を建設へ
ヤマサ醤油本社(千葉県銚子市)

 去年12月初め、ファイザー社が新型コロナのmRNAワクチンが世界で初めてイギリスの規制当局から緊急使用の承認を受けたと発表。その後アメリカも。

 すでにヤマサ醤油は、「去年の秋にはシュードウリジンの増産体制を整えていました」と担当者。千葉県銚子市にある工場は現在、フル稼働だといいます。今年5月には、新型コロナウイルスワクチン等、核酸医薬品の原薬のための新たな工場の建設予定で、約30億円を投資すると発表しています。

 では、なぜヤマサ醤油の原薬が新型コロナワクチンに使用されることになったのか?

 mRNAは、新型コロナワクチンとして開発されるよりも前から治療薬や他のワクチンとして研究開発されてきました。その研究段階からヤマサ醤油が製造したシュードウリジンが使われていました。

 担当者は「私たちはうまみ成分の研究に端を発して、長年、核酸化合物に特化して事業展開し、いち早く工業製造に乗り出して、シュードウリジンを製造供給してきました。製法は開示できませんが、私ども独自の製造方法があります」と世界の企業に負けない自信をのぞかせました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

日本の老舗醤油メーカーである「ヤマサ醤油」が、コロナワクチンの原料である「シュードウリジン」を、ファイザーとモデルナに製造供給しているとの報道です。

コロナワクチンの危険性については、当ブログでは何度もお伝えして参りました。

そして、コロナは創価学会が裏で糸を引いています。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

創価が絡んでいるワクチンの原料として、ファイザーやモデルナにシュードウリジンを供給しているヤマサ醬油も、創価の可能性が非常に高いと言えます。

という事で、ヤマサ醬油について調べてみました。

まず、ヤマサ醤油の初代当主が「浜口儀兵衛」という人物です。

濱口 儀兵衛(はまぐち ぎへえ)は、江戸時代初頭に下総国銚子(現:千葉県銚子市)で創業した醤油醸造業者・廣屋儀兵衛商店(現在のヤマサ醤油)の当主に代々受け継がれる名前である。

出典:濱口儀兵衛 – Wikipedia

浜口儀兵衛という名は、廣屋儀兵衛商店(現在のヤマサ醬油)の当主に受け継がれる名前の様です。

浜口儀兵衛と言えば、テレビドラマ「JINー仁ー」にも登場していました。

浜口儀兵衛(はまぐち ぎへえ)/ 梧陵(ごりょう)
江戸で醤油工場(現ヤマサ醤油)を経営する実業家。緒方洪庵の遺志を継ぎ、醤油倉を使って醤油職人にペニシリン精製をさせるなど、仁に協力する。

出典:JIN-仁- – Wikipedia

ドラマに登場していた浜口儀兵衛は、7代目当主「濱口梧陵」である様です。

濱口梧陵(出典はこちら

紀州湯浅の醤油商人である濱口分家・七右衛門の長男として生まれる。12歳で本家(濱口儀兵衛家)の養子となって、銚子に移る。

その後、若くして江戸に上って見聞を広め、開国論者となった。海外留学を志願するが、開国直前の江戸幕府の受け容れるところとならず、30歳で帰郷して事業を行った。

出典:濱口梧陵 – Wikipedia

濱口梧陵は、元々分家の長男として生まれていますが、本家へ養子に出されています。

養子縁組は、イルミナティが血筋を隠す為に行う手口です。

濱口梧陵は開国論者でもあった様ですので、明治維新側と考えられます。

現在のヤマサ醬油が医薬品を販売している背景には、7代目の濱口梧陵の代からの様です。

七代目当主濱口梧陵の代で医学をはじめ様々な社会事業に尽力し、現在でも診断用医薬品や抗体試薬などの医薬品も販売している。

出典:ヤマサ醤油 – Wikipedia

社会事業に尽力と書かれていますが、危険なコロナワクチンの原料を製造供給する事が社会事業なのでしょうか?

殺人兵器であるコロナワクチンの原料供給も社会事業の一環という事であれば、ヤマサ醬油もイルミナティという事になります。

また、濱口梧陵は「稲むらの火」という物語のモデルになった人物で、教科書にも掲載され、防災教材としても使用されていた様です。

稲むらの火(いなむらのひ)は、1854年(嘉永7年/安政元年)の安政南海地震津波に際しての出来事をもとにした物語。地震後の津波への警戒と早期避難の重要性、人命救助のための犠牲的精神の発揮を説く。小泉八雲の英語による作品を、中井常蔵が翻訳・再話したもので、文部省の教材公募に入選し、1937年から10年間、国定国語教科書(国語読本)に掲載された。防災教材として高く評価されている。

もとになったのは紀伊国広村(現在の和歌山県有田郡広川町)での出来事で、主人公・五兵衛のモデルは濱口儀兵衛(梧陵)である。

出典:稲むらの火 – Wikipedia

「稲むらの火」の作者が「小泉八雲」という人物です。

小泉八雲(出典はこちら

出生名はパトリック・ラフカディオ・ハーン (Patrick Lafcadio Hearn)。

(中略)

1896年(明治29年)に日本国籍を取得して「小泉八雲」と名乗る。「八雲」は、一時期島根県の松江市に在住していたことから、そこの旧国名(令制国)である出雲国にかかる枕詞の「八雲立つ」に因むとされる。

(中略)

父が西インドに赴任中の1854年、精神を病んだ母がギリシアへ帰国し、間もなく離婚が成立。以後、ハーンは両親にはほとんど会うことなく、父方の大叔母サラ・ブレナン(家はレインスター・スクェアー、アッパー・レッソン・ストリート)に厳格なカトリック文化の中で育てられた。この経験が原因で、少年時代のハーンはキリスト教嫌いになり、ケルト原教のドルイド教に傾倒するようになった。

(中略)

16歳のときに怪我で左眼を失明して隻眼となって以降、白濁した左目を嫌悪し、晩年に到るまで、写真を撮られるときには必ず顔の右側のみをカメラに向けるか、あるいはうつむくかして、決して失明した左眼が写らないポーズをとっている。

出典:小泉八雲 – Wikipedia

小泉八雲は、出雲国の枕詞「八雲立つ」に因んで、「八雲」と名乗っている様です。

八雲と言えば、出雲八氏族を表す言葉です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ですから、小泉八雲は出雲族であるものと考えられます。

そして、厳格なカトリックの父親によってキリスト教を嫌いになり、ドルイド教に傾倒する様になったとも書かれています。

カトリックもイルミナティによって乗っ取られており、ただの悪魔崇拝組織になってしまっております。

下記ツイートをご覧ください。

また、ドルイド教も悪魔崇拝宗教です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

そして、事故で左目を失明した小泉八雲は、写真に写る際には必ず左目を隠すポーズを取っていた様です。

下記の画像をご覧ください。

失明を理由にしていますが、片目だけを表現する事はイルミナティサインです。

以上より、小泉八雲は間違いなくイルミナティと言えます。

つまり、イルミナティである小泉八雲が書いた「稲むらの火」のモデルとなっている「濱口梧陵」もイルミナティと言えます。

現代のテレビドラマ「JINー仁ー」にて持ち上げられていた事からも、間違いないでしょう。

そして、現代のヤマサ社長である「石橋直幸」は慶應卒ですから、創価へと繋がります。

下記ツイートをご覧ください。

また、ヤマサ醤油のCMでは、創価タレントが多数起用されている事からも、創価に間違いありません。

つまり、ヤマサ醬油が創価へと繋がる以上、シュードウリジンを製造していたのも、コロナパンデミックが起こる事と、コロナワクチンの製造及び接種がある事を予め知っていたという事になります。

だからこそ、新たな工場の建設に30億円もの投資をしているものと思われます。

ですから、ヤマサ醬油は間違いなくイルミナティ(悪魔崇拝者)です。

表向き醤油製造メーカーかもしれませんが、その実態は殺人兵器コロナワクチンの原料を製造している会社です。

日本の醤油販売シェアがキッコーマンに次いで2位の様ですが、ヤマサ醬油の製品は買わない方が良いでしょう。

ヤマサ醬油の売上に貢献してしまうと、私たち庶民を殺す為の殺人兵器であるコロナワクチンの原料製造に使用されます。

ですから、ヤマサ醬油は実質的な人殺しの会社と言っても過言ではありません。

ヤマサ醬油の担当者は、コロナワクチンの原料を製造供給しているとして胸を張っているかもしれませんが、その実態を私たち庶民の全員が知った時、果たして胸を張り続ける事が出来るのでしょうか?

人殺しの原料を製造しているヤマサ醬油は、私たち庶民が安心して暮らす為にも、私たち庶民が不買運動をするなりして、一刻も早く潰れてもらった方が私たち庶民の為になります。

また、ワクチンの副作用を被った方からしたら、ワクチンの原料を製造供給しているヤマサ醬油は、憎むべき敵とも言えます。

憎む事は罪ですので憎んではいけませんが、その様な気持ちになってしまうのも、ある意味致し方ないものと思われます。

下手をしたら訴訟を起こされてもおかしくはありません。

実際にコロナワクチンで死亡者が多数出ている訳ですから、それこそワクチン被害者の方や遺族の方が集団訴訟を起こしたとしても不思議ではありません。

ヤマサ醬油が今後どの様になっていくかは分かりませんが、イルミナティ(創価学会)である事に間違いはありませんので、引き続きイルミナティの裁きと滅びを強力にお祈りして参ります。

また、ヤマサ醬油の7代当主「濱口梧陵」は、分家から本家に養子に出されていました。

本家を「西濱口家」と言い、分家を「東濱口家」とも言う様です。

紀伊国有田郡広村(現:和歌山県広川町)を発祥の地とする。同族である濱口吉右衛門家(現在のヒゲタ醤油に連なる)を「東濱口家」と呼ぶのに対して、濱口儀兵衛家は「西濱口家」とも呼ばれる。

出典:濱口儀兵衛 – Wikipedia

分家の当主を「濱口吉右衛門」と言い、本家と同じく代々で当主の名を継承する様です。

濱口吉右衛門(出典はこちら

9代 浜口 吉右衛門(はまぐち きちえもん、文久2年5月16日(1862年6月13日) – 大正2年(1913年)12月11日)は、明治期の実業家、政治家。衆議院議員、貴族院多額納税者議員。号は容所。ラストエンペラー愛新覚羅溥儀の弟愛新覚羅溥傑と結婚した愛新覚羅浩の母方の祖父にあたる実弟・浜口吉兵衛(1868-1940)は銚子醤油(のちのヒゲタ醤油)初代社長である。なお、「浜口吉右衛門」は、ヤマサ醤油創業者の浜口儀兵衛の、兄の一族の当主が代々継承する名である。

出典:浜口吉右衛門 – Wikipedia

9代目当主の濱口吉右衛門は、「愛新覚羅溥儀」の弟「愛新覚羅溥傑」と結婚した「嵯峨浩」の母方の祖父と書かれています。

嵯峨浩と言えば、「小池百合子」が嵯峨浩にそっくりです。

下記ツイートをご覧ください。

首都封鎖をしようとコロナパンデミックを散々煽り倒していた小池百合子は、既に死亡しています。

下記ツイートをご覧ください。

嵯峨浩の命日に死んでいるのも、イルミナティとの契約であり、嵯峨浩と血縁関係である事をも示している事になります。

つまり、本家のみならず、分家もイルミナティという事が言えます。

そして、9代目当主「濱口吉右衛門」の弟「濱口吉右衛門」が、「ヒゲタ醤油」を創業しています。

濱口吉兵衛(出典はこちら

ヒゲタ醤油株式会社(ヒゲタしょうゆ)は、東京都中央区に本社を置く醤油などの調味料メーカー。かつては「銚子醤油」という社名。社名は、田の四隅にヒゲがついたようなトレードマークに由来する。

出典:ヒゲタ醤油 – Wikipedia

ヒゲタ醤油の社名の由来がトレードマークから来ている様です。

そのトレードマークがこちらです。

ヒゲタしょうゆ
ヒゲタ醬油のロゴマーク(出典はこちら

ヒゲの部分は「八」に見えますから、イルミナティの好む数字の「8」を表しているものと思われます。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

また、「田」の部分は、家紋の「田」を表しているものと思われます。

下記ツイートをご覧ください。

ご覧の様に、「田」は出雲族である証とも言えます。

つまり、ヒゲタ醤油は出雲族という事になります。

そして、ヒゲタ醤油もヤマサ醬油と同じく、麹菌を利用したバイオテクノロジー事業にも参入している様です。

醤油などの調味料事業の他、醤油を醸造する際に使われる麹菌を利用したバイオテクノロジー事業にも参入している。

画家・絵本作家のいわさきちひろは、1952年(昭和27年)頃から晩年まで20年余、同社の広告ポスター絵を担当した。

出典:ヒゲタ醤油 – Wikipedia

ヒゲタ醬油の広告ポスター絵を担当していたのが、「いわさきちひろ」と書かれています。

いわさきちひろは、三宅裕司の乳母でした。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

三宅裕司はアミューズの所属ですから、創価へとつながります。

つまり、三宅裕司=いわさきちひろ=ヒゲタ醬油=創価となります。

また、ヒゲタ醬油はキッコーマンとも資本提携しています。

1937年(昭和12年)、当社と同じ千葉県に本社を置く醤油メーカー最大手の野田醤油株式会社(現在のキッコーマン株式会社)と資本提携を結び経営統合するが、1947年(昭和22年)に経営分離。1966年(昭和41年)には販売委託でキッコーマンと再び提携を組み、2004年(平成16年)、同社と58年ぶりに資本提携を結んだ。

出典:ヒゲタ醤油 – Wikipedia

キッコーマンの今現在の社長が「堀切功章」という人物です。

堀切功章(出典はこちら

千葉県出身。慶應義塾中等部、慶應義塾高等学校を卒業後、慶應義塾大学経済学部経済学科に進学。1974年に卒業後、キッコーマン醤油(現キッコーマン)入社。

出典:堀切功章 – Wikipedia

堀切功章は慶應卒です。

慶應=創価ですから、堀切功章も創価。

つまり、キッコーマンも創価という事になります。

また、キッコーマンのロゴである「亀甲萬」は亀から来ている様です。

現社名は、前身8家の合同による野田醤油会社創立に際し、醤油統一商標「亀甲萬」とする。前身の1つ、茂木佐平次家の用いた商標「亀甲萬」は香取神社の亀甲と「亀は萬年」をかけたとされる。あるいは、元々の考案者は第4代鈴木万平であり、譲渡されたという説もある。

出典:キッコーマン – Wikipedia
Kikkoman-Logo.svg
キッコーマンのロゴマーク(出典はこちら

亀の甲羅は六角形ですから、「六芒星」を表している事になります。

六芒星(出典はこちら

六芒星は「ダビデの星」とも呼ばれ、南ユダ王国の末裔を表します。

下記ツイートをご覧ください。

南ユダ王国の末裔の中でも、レビ族は日本を支配している李家です。

下記ツイートをご覧ください。

つまり、キッコーマンは李家の会社であると考えられます。

その証拠に、キッコーマンのCMに李家の「明石家さんま」が出演していました。

そして、李家である明石家さんまは、ワクチンを打たないと明言していました。

下記ツイートをご覧ください。

しかし、「やっぱりコロナワクチン打つことにした」と、嘘をついて人口削減の活性化に協力していました。

下記ツイートをご覧ください。

ご覧の様に、平然と嘘つくのもイルミナティの特徴です。

また、キッコーマンのCMには、明石家さんまの他にも、上戸彩(商品:我が家は焼肉屋さん・本つゆ)、松本潤(商品:うちのごはん)といった創価タレントが起用されています。

更に、キッコーマングループの社歌を作詞しているのが、「秋元康」です。

キッコーマングループ社歌「おいしい記憶」 – 2010年6月7日発表。3代目社歌。作詞:秋元康、作曲:大島ミチル、歌:茂森あゆみ

出典:キッコーマン – Wikipedia

秋元康も李家です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

下記ツイートもご覧ください。

この様に、キッコーマンは李家の会社であり、創価企業であると言えます。

そんなキッコーマンの子会社に、「日本デルモンテ」という会社があります。

ロゴ
日本デルモンテのロゴ(出典はこちら

日本デルモンテ株式会社(英: Nippon Del Monte Corporation)は、群馬県沼田市に本社を置くキッコーマンの子会社で調味料、飲料、食品の製造メーカーである。略称は、「NDM」。スローガンは、「太陽を、おいしさに。」。

出典:日本デルモンテ – Wikipedia

まず、日本デルモンテは李家と創価の重要拠点である群馬県に本社を置いています。

李家・創価の重要拠点に付きましては、下記ツイートをご覧ください。

また、キッコーマンは「紀文食品」とも資本提携しています。

2004年(平成16年) – キッコーマンと資本・業務提携を締結。

出典:紀文食品 – Wikipedia

この事から、紀文食品も創価とつながる事になります。

更に、キッコーマンは富士フィルムとも共同出資していた事もありました。

1981年(昭和56年) – 富士ゼロックス(現:富士フイルムビジネスイノベーション)との共同出資により、千葉ゼロックス販売株式会社(現在は富士フイルムビジネスイノベーションの100%子会社で、富士フイルムビジネスイノベーションジャパン)を設立。

出典:キッコーマン – Wikipedia

富士フィルムと言えば、イルミナティ御用達のスーパードラッグ「アドレノクロム」を製造している会社です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

この様に、大手醤油製造メーカーは、李家・創価と繋がっています。

日本の醤油業界におけるシェア率が以下の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーー以下より転載(出典はこちら

2018年時点で、大手メーカー 6 社で国内流通する醤油の約 60 % を生産している。
キッコーマン(千葉県野田市) – 2018年時点の国内シェア 28.6 %
ヤマサ醤油(千葉県銚子市) – 2018年時点の国内シェア 11.7 %
正田醤油(キッコーショウ)(群馬県館林市) – 2018年時点の国内シェア 6.5 %
ヒゲタ醤油(東京都中央区) – 2018年時点の国内シェア 5.1 %
マルキン醤油(香川県小豆郡小豆島町) – 2018年時点の国内シェア 4.0 %
ヒガシマル醤油(兵庫県たつの市) – 2018年時点の国内シェア 3.9 %

2018年時点で、準大手メーカー9社で国内流通する醤油の16.7%を生産している。
イチビキ(愛知県名古屋市熱田区)
ワダカン(青森県十和田市)
フンドーキン醤油(大分県臼杵市)
ヤマモリ (三重県桑名市)
富士甚醤油(大分県臼杵市)
津軽味噌醤油(マルシチ)(青森県南津軽郡大鰐町)
サンビシ(愛知県豊橋市)
日本丸天醤油(兵庫県たつの市)
キノエネ醤油(千葉県野田市)

ーーーーーーーーーーーーーーー転載ここまで

キッコーマン、ヤマサ醬油、ヒゲタ醤油で、国内シェア45.4%を占めています。

この3社は、李家・創価企業ですから、イルミナティ企業と言えます。

そして、国内シェア3位の「正田醤油」ですが、上皇后美智子の実家である正田家が創業家の様です。

米穀商が投機的であると考えていた三代正田文右衛門が、千葉県東葛飾郡野田町(現・野田市)の二代茂木房五郎より醤油醸造業を勧められ、醤油醸造業を創業した。館林の正田記念館に二代茂木房五郎より贈られた醤油醸造に関する経営指導書がある。屋号は「キッコーショウ」。

上皇后美智子の実家が創業家である。

出典:正田醤油 – Wikipedia

つまり、正田醤油は天皇家一族の企業という事になりますから、イルミナティ企業です。

また、正田家は「日清製粉」をも経営しています。

詳細は下記インスタグラムの動画をご覧ください。

ご覧の通り、上皇后美智子の実家である正田家は、イルミナティの悪巧みを利用してはボロ儲けしています。

また、日本国内シェア4位の「マルキン醤油」は、ソニーの創業者「盛田昭夫」と繋がります。

マルキン醤油株式会社(まるきんしょうゆ)は、香川県に所在する醤油メーカーを起源とする株式会社。

現在はブランド管理業務専門の会社で、元々製造していたマルキンブランドの醤油・調味料は親会社の盛田が製造販売している。

出典:マルキン醤油 – Wikipedia

マルキン醤油の親会社である盛田については、以下の引用をご覧ください。

1665年(寛文5年)に、尾張知多郡小鈴谷村(こすがやむら、現・常滑市小鈴谷)で創業。自社ブランドとして清酒「ねのひ」、味噌醤油、調味料商標の「盛田」を展開する。

ソニーの創業者・盛田昭夫の実家で、ソニー創業期に資金が苦しかった頃、増資引受という名目で資金提供を行ったことから、一時期はソニーの筆頭株主であった。

現在の同社は、旧・盛田株式会社(現・盛田アセットマネジメント)から製造販売部門を分社化して2004年(平成16年)9月1日に設立した会社である。

出典:盛田 – Wikipedia
Morita Akio.jpg
盛田昭夫(出典はこちら

ソニーもご多分に漏れず創価企業です。

ソニーは、信濃町に所有していたスタジオを売却し、創価の総本部になっています。

下記ツイートをご覧ください。

盛田昭夫が創価である以上、盛田株式会社も創価です。

ですから、マルキン醬油も創価という事になります。

つまり、大手醤油製造メーカーの上位5社は全て創価企業という事になります。

イルミナティは、何か大豆にこだわりでもあるんでしょうか。

何の意味もなく、大手醬油製造メーカーの上位5社を抑えたりはしません。

もしかしたら、単純に和食で醤油が使用される為、日本国内での需要がある事は明白ですから、確実に儲かる醤油業界を、イルミナティで独占したかったのかもしれません。

上位5社だけでも、55.9%のシェアになっています。

つまり、日本人にとって馴染みの深い調味料である醤油が、イルミナティの資金源になっていると言っても過言ではありません。

ヤマサ醬油でお分かりの通り、イルミナティは私たち庶民の敵です。

そして、大手醬油製造メーカーの5社は、イルミナティ企業です。

ですから、私たち庶民の敵であるイルミナティを滅ぼす為にも、キッコーマン、ヤマサ醬油、正田醬油、ヒゲタ醬油、マルキン醬油の製品は買わない事が知恵と言えます。

醤油メーカーは他にも多数ありますので、上位5社の製品は無くなったとしても問題はありません。

他のメーカーの売上が上がれば、必然的に増産していきますので、不足に陥ったとしても一時的なものと思われます。

醤油という私たち庶民に身近な調味料が、イルミナティの資金源になっているとは今まで考えた事も無かったですが、あらゆる分野を牛耳っている事から考えますと、当然の事と言えば当然です。

私たち庶民が安心して暮らせる世界にする為にも、イルミナティを一刻も早く滅び去ります様に、これからも引き続きイルミナティの裁きと滅びを強力にお祈りして参ります。

この記事をご覧になって頂き、志を同じくして下さる方がいらっしゃいましたら、どうか一緒にイルミナティの裁きと滅びをお祈りして下さいましたら幸いです。

お祈りに付きましては、下記リンクの記事にて詳細をまとめさせて頂いております。

一人でも多くの方がお祈りして下さるだけでも、とても大きな力になります。

私たち庶民一人ひとりには大した力はありませんが、一人でも多くの方がお祈りする事で、その力はイルミナティをも滅ぼし、世界を変える力にもなります。

イルミナティに搾取される世界を終わりにする為にも、一人でも多くの方が立ち上がって下さいます事を心から願っています。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

HAJIME