ラリーから繋がる赤十字と悪魔崇拝。

こんにちは。

HAJIMEです。

今回は、ラリーについて書いていきたいと思います。

(一部不適切な表現が御座いましたので、削除、訂正致しました。2021年11月18日)

車が好きな方はラリーについてご存知かと思いますが、車に興味が無い方は、ラリーについてあまりご存知でない方が多いかと思われます。

ラリーは、モータースポーツの一種です。

今現在のラリーは、予め告知されているルートのスタート地点からゴール地点までの速さを競う、スペシャルステージラリー(通称:SS)というのが主体になっています。

ラリーの特徴としては、ドライバーだけでなく、「コ・ドライバー」の存在があります。

コ・ドライバーの役割は、ドライバーへの道案内、ペースノート(道案内用のメモ)の作成、タイム管理など、ドライバーが運転にのみ集中出来る様にサポートするのが、コ・ドライバーの役割です。

ドライバーへの道案内とペースノートの作成と聞いて、不思議に思われる方が多いかと思います。

私も初めてラリーを見た時に、ドライバーはコースを目で見て走っているのに、道案内の必要があるのかと疑問に思いました。

ただ普通に走るだけなら目で見て走れますので、道案内をする必要はありません。

ラリーにおける道案内というのは、タイムを競う「競争」という性質上、車をより速く走らせる為に必須であり、かなり重要な役割でもあります。

ラリードライバーは目で見る情報よりも、事前に道案内をしてもらう事で、コーナーへのライン取りや進入速度、シフトチェンジ等を頭の中でシミュレートする事で、運転操作にかかる時間を削ぎ落しては、タイムを稼いでいるのです。

ドライバーの目視による走行では、目で見てから判断して運転操作をする為、その分だけ時間をロスする事になります。

ですから、ドライバーによる目視だけでの走行と、コ・ドライバー有りのナビゲート走行では、タイムに差が出てきます。

コ・ドライバーがレース中に使う用語は、下記Wikipediaをご覧ください。

これらを踏まえた上で、実際のタイムアタックをご覧ください。(見所は、3:50~4:00頃)

ご覧の様に、コ・ドライバーがしっかりナビゲートしては、ドライバーが運転操作をシビアに行ってタイムを削り、スリップなどのトラブル時には、コ・ドライバーがドライバーのフォローをもしています。

この様にタイムを削るというシビアな状況を見る事で、モータースポーツがスポーツと呼ばれるのもご理解頂けるのではないかと思われます。

また、過去に世界ラリー選手権に出場していた人物に「ケン・ブロック」という人物がいます。

ケン・ブロックは、YouTubeでジムカーナ動画を挙げています。

以下の動画をご覧ください。

2021年は、ドバイを舞台にジムカーナを撮影していた様です。

ドバイと言えば、世界一高い高層ビルとして「ブルジュ・ハリファ」があります。

ブルジュ・ハリファは、悪魔崇拝のシンボルになっています。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ケン・ブロックの胸スポンサーが、エナジードリンクの「モンスター」になっています。

モンスターやレッドブルを始めとするエナジードリンクは、ただの毒物です。

また、モンスターには悪魔の数字が隠されていますので、イルミナティ(悪魔崇拝者)が製造、販売しています。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

私は、ケン・ブロックのジムカーナ動画を稀にチェックしていましたが、今回のドバイは流石にネタ切れの様です。

確かに運転技術は目を見張るものがありますが、車で出来る演出には限界があり、どうしても過去の焼き写しといった状況になってしまっております。

その為、動画が出始めの頃は、「凄い!」と思って見ていましたけど、回数を重ねる毎にどうしても飽きが来てしまいます。

因みに、初期の頃のジムカーナ動画がこちらです。(2009年に公開されています。)

先程も申し上げました通り、胸スポンサーがモンスターですから、ケン・ブロックもイルミナティです。

イルミナティは、悪魔崇拝儀式を行ってサタン(悪魔)から知恵や構想を受けて、この様な動画を作っています。

イルミナティは世界中の富を牛耳っていますから、基本的に最初から予算をかけては、派手に演出している事が多いです。

ですから、最初に見た時は「凄い!」と思ってみる訳ですが、最初と2つ目までがピークで、後は次第に焼き写しになってしまっております。

2009年のジムカーナ動画と、2021年のジムカーナ動画は基本的に同じです。

違う事と言えば、場所と車が違うくらいのもので、やっている事は同じです。

ですから、「何か期待を超えた事が起こるんじゃないか?」という期待感も無い為、視聴者の心理としては、結果が分かっているスポーツの試合を、リアルタイムで見せられている様なものです。

回数を重ねれば重ねる程に、成長し、変化していく事で、視聴者側は期待して見るものと思います。

しかし、イルミナティは富がある分、ある意味では最初がほぼピークと言っても過言ではありません。

これは、今回のジムカーナ動画に限った事ではありません。

分かりやすい例で言えば、映画がその最たる例ではないでしょうか?

初回でもの凄くヒットした映画だとしても、2作目は期待外れになる事が多いと感じている方は、私だけではないはずです。

2作目、3作目と回数を重ねる毎に、段々と期待外れになる事が多いと思います。

初回が大ヒットするのも、今まで無かった演出やストーリー故に、視聴者の期待を超えて人気になるものと思います。

しかし、2作目、3作目は、初回のストーリーや演出を踏襲する為、回数を重ねる毎に視聴者の期待を超えられなくなるのです。

なぜ、超えられないのかと言えば、それがサタン(悪魔)の次元の限界なのです。

映画と言えば、ハリウッド映画が世界的に有名です。

ハリウッド映画もイルミナティ(悪魔崇拝者)の巣窟です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

つまり、ハリウッド映画もサタン(悪魔)の次元なのです。

ですから、初回は大ヒットしても2作目は微妙だったり、あるいは2作目までヒットしても、3作目は微妙だったりとする事があるかと思います。

イルミナティが行う事というのは、私たち庶民には無い巨額な富を持っている為に、最初から大きな事が出来るのです。

しかし、その最初の大きな事から進化しないのが、イルミナティの特徴とも言えます。

そして、イルミナティが牛耳っているのは、映画だけではありません。

ドラマ、漫画、アニメ、ゲームなども、イルミナティがサタン(悪魔)から知恵と構想を受けて製作しては、公開したり販売したりしています。

この記事をご覧になっている皆様方も、期待外れだったり、マンネリ化しては飽きたりした経験があるのではないでしょうか?

また、分かりやすい例として、音楽も同様の事が言えます。

クラシック音楽で、未だに17~18世紀頃に作曲された「バッハ」や「ベートーヴェン」の曲を弾いているのは何故だと思いますか?

それは、2021年の今現在において、17~18世紀の頃の作曲を超える作曲家がいないからに他なりません。

そして、「バッハ」も「ベートーヴェン」もフリーメイソンですから、両名共にイルミナティです。

17~18世紀に受けたサタンの知恵や構想がピークで、それ以降はそれ以上の知恵や構想を受けられていない事を指し示しています。

つまり、音楽の世界においても、サタン(悪魔)の次元の限界を迎えている事になります。

この様に、あらゆる分野でサタン(悪魔)の次元の限界に直面しているのです。

ですから、あらゆる分野でマンネリ化して、飽きを感じている方が多くいらっしゃるものと思います。

では、サタン(悪魔)の次元を超えるにはどうしたら良いかと言えば、サタン(悪魔)よりも遥かに力のある「神様」から知恵や構想を受ける必要があります。

神様は、私たちが住んでいるこの地球を創造された創造主です。

創造主である神様は、全知全能の神様です。

神様は、この世のあらゆる全ての分野を司っていらっしゃいます。

この世のあらゆる全ての分野を司っていらっしゃるからこそ、神様は全知全能の神様なのです。

神様は、サタン(悪魔)よりも遥かに大きな力を持っていらっしゃいます。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

神様とサタン(悪魔)との力の差は、永久に埋まる事はありません。

ですから、サタン(悪魔)が神様に勝利する事はありません。

そして、神様は完全な御方でいらっしゃいますが、サタン(悪魔)は不完全です。

ですから、サタン(悪魔)が行う事は人間の力よりは大きく、人間的な視点から見ますと、最初は大きく見えます。

しかし、サタン(悪魔)は不完全であるが故に、その後はそれ以上の進化がありませんし、進化したくても進化出来ず、頭打ちになってしまうのです。

それが、イルミナティの限界という事になります。

しかし、神様は完全な御方でいらっしゃいますから、常に成長し、変化し、進化し続けていく事が出来るのです。

そして、御言葉に従って生きている私たち義人は、神様から知恵や構想を与えて頂ける「特権」に預かる事が出来るのです。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

先程も申し上げました通り、神様はあらゆる全ての分野を司っていらっしゃる全知全能の神様です。

つまり、神様は全ての分野でトップの実力をお持ちでいらっしゃり、かつ常に成長され、変化され、進化され続けていらっしゃいます。

ですから、この世の誰も神様に追い付く事が出来ません。

聖書には、以下の様に書かれています。

エジプトについての託宣。見よ、主は速い雲を駆ってエジプトに来られる。主の御前に、エジプトの偶像はよろめきエジプト人の勇気は、全く失われる。

イザヤ書 19章 01節

「主は速い雲を駆って」と書かれています。

つまり、神様は常に速い速度で毎日成長され、変化され、進化し続けていらっしゃる事を示しています。

完全な御方でいらっしゃる神様が、常に速い速度で成長され、変化され、進化し続けていらっしゃる訳ですから、この世の誰も神様に追い付く事は出来ません。

神様の御言葉に従って生きる私たち義人も、神様に倣って日々成長し、変化し、進化し続けていかなければなりません。

日々成長し、変化し、進化し続けていく事が出来なかったならば、それはサタン(悪魔)を拝むイルミナティと変わりがありません。

しかし、神様の御言葉にどこまでも従順に従って生きる事で、常に進化され続けていらっしゃる神様から、知恵や構想を豊かに与えて頂ける訳ですから、私たち義人も神様と同じ様に進化し続けていく事が出来るのです。

もちろん、私たち義人が進化し続けていくには、私たち義人の責任分担があります。

もし、私たち義人が進化していない場合は、私たち義人が果たすべき責任分担を果たしていない事になります。

神様は常に進化し続けていらっしゃいますから、人間側が果たすべき責任分担を果たさなければなりません。

これは、当然の事です。

ですから、神様の御言葉にどこまでも従順に従って生き、日々努力し続けていく事で、私たち義人も常に進化し続けていく事が出来るのです。

全知全能の神様から知恵や構想を与えて頂き、この地上で形にしていく事が「天の文化・芸術」です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

神様とRAPTさんによって構築されたRAPT理論も、天の文化・芸術の一つです。

RAPT理論は、サタン(悪魔)とイルミナティの秘密を理論的に解き明かしたものですから、イルミナティ側としては、いつ自分の悪事が解き明かされてしまうのかと、気が気でなく怯えています。

その証拠に、RAPT理論の進化系であるニュースサイト「RAPT理論+α」のサイトが、表示されない様に設定されていました。

下記ツイートをご覧ください。

ご覧の様に、NTTドコモの未成年者向けのフィルタリングに、RAPT理論+αが引っ掛かる様に設定されています。

未成年者向けのフィルタリングは、18歳未満閲覧禁止の淫乱なサイトや、ウイルスが仕込まれている様なサイト等を表示できない様にする為のものです。

ご覧になって頂ければ一目瞭然ですが、RAPT理論+αは、決してその様なサイトにはなっていません。

RAPT理論+αは、世の中で報道されるニュースについて、RAPT理論を基に細かく解説し、一人でも多くの方にイルミナティが隠している真実を知って貰おうと、RAPTさんと12弟子の皆様方が毎日更新し続けて下さっているニュースサイトです。

その様なニュースサイトであるRAPT理論+αが、未成年フィルターに引っ掛かる様にされているのは、不当な言論弾圧と言えます。

なぜ、この様に強硬的な言論弾圧を行うのかと言えば、RAPT理論+αが真実を発信しているからに他なりません。

イルミナティが裏でコソコソと行ってきた数々の悪事が、私たち庶民に知られるのを恐れている証拠と言えます。

この様な言論弾圧を行った「NTTドコモ」もまた、創価学会と李家に繋がります。

下記ツイートをご覧ください。

NTTドコモの社長「井伊基之」は、北朝鮮の「金正恩」に似ています。

金正恩は、天皇家の血筋です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ですから、金正恩にそっくりの井伊基之は、李家の血筋と考えられます。

李家と言えば、創価学会へと繋がります。

下記ツイートをご覧ください。

そして、井伊基之は慶應義塾出身です。

慶應と言えば、創価学会の工作員養成所です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ですから、RAPT理論+αに対するNTTドコモの言論弾圧も、李家と創価学会による仕業と言えます。

李家=創価学会=イルミナティです。

神様の御心(神様の願い)を成していくと、必ずサタン(悪魔)やイルミナティが迫害したり、妨害したりしてきます。

この事は、今も昔も変わりがありません。

聖書には、以下の様に書かれています。

義のために迫害される人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。
わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。
喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。
あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。

マタイによる福音書 05章 10節~12節

いったい、あなたがたの先祖が迫害しなかった預言者が、一人でもいたでしょうか。彼らは、正しい方が来られることを預言した人々を殺しました。そして今や、あなたがたがその方を裏切る者、殺す者となった。

使徒言行録 07章 52節

聖書を通読して頂ければ分かりますが、神様が遣わされた使命者(預言者)の全員が、神様の御心を成そうとすると必ず迫害したり、妨害したりして来ているのです。

つまり、この事からも、RAPT理論+αのニュースサイトが「神様の御心」であるという証拠と言えます。

逆を言えば、イルミナティが焦って言論弾圧をした事で、却って、RAPT理論+αが「神様の御心」である事を証明してしまった事になります。

つまり、イルミナティは、完全に墓穴を掘った事になります。

RAPT理論+αのサイトは、「RAPT理論の更なる進化系」です。

ですから、「RAPT理論+α」も、「天の文化・芸術」なのです。

この様に、神様の御言葉に従って生きる私たち義人は、神様から次々と新しい構想を受けて行っていく事で、常に進化し続けていく事が出来るのです。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

実際に進化している様子が目に見える形で現れている事こそ、この世に神様が確実に存在していらっしゃるという事の証拠とも言えます。

私も、RAPTブログに出会い、RAPT理論を学んでいく中で、イルミナティの存在を知り、私自身が洗脳されている事実に気付く事が出来ました。

そして、イルミナティという全世界中で悪の限りを尽くしている組織の存在を確信するのと時を同じくして、私は神様の存在をも確信するに至りました。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

この記事をご覧になって頂いている皆様方の一人でも多くの方が、神様の存在に気付いて下さり、神様の存在を確信して頂けるきっかけとなりましたら幸いです。

にわかには信じ難いかもしれませんが、私は現実に起きている事をそのまま記事にさせて頂いております。

神様は霊ですので、私たち人間の目には見えません。

目に見えない物を信じないのは、男性に多く見受けられます。

私もそうでしたから、気持ちは分かります。

ですが、理論的に考えて行きますと、神様の存在を抜きには説明出来ない部分が出て来てしまうのも、また事実です。

人間の力だけでは、次から次へと新しい発想や構想は浮かびません。

私も自分の力だけで、このブログの記事を書く事が出来ていません。

私は、過去に以下の記事を書いています。

「すき焼き」、「ジャガイモ」、「雪」について書こうという発想は、私の頭では絶対に書く事が出来ない記事になります。

この様な記事を書く事が出来たのも、神様が偉大な御力を私に与えて下さったからこそです。

ですから、私の場合は神様が存在していらっしゃると信じるという話のレベルではなく、現実に自分自身の身に起こっている事から考えますと、神様は間違いなく存在していらっしゃると確信せざるを得ない状況にあります。

以前にも書かせて頂きましたが、この記事を書いている私自身が毎回の如く「そうだったんだ!」と、真実を知って驚いています。

時には、想像を範囲を超えた真実を知り、驚きすぎて思わず息を呑んでしまう事もあります。

この記事を書くにあたって、キーボードを操作して、文字を打ち込んでいるのは確かに私自身ですが、私の頭でひねり出した記事の内容ではありません。

ですから、私自身も明日はどの様な記事を書くのか、さっぱり検討も付きません。

私は、神様が与えて下さる霊感の通りに、記事にして形にしています。

ですから、私自身が記事を書くのを楽しみにしている人物でもあるのです。

毎日記事にするのは大変ではありますが、私が知らない色々な事を神様から教えて頂ける事は、とても嬉しい事ですし、大変光栄な事です。

自分で自分の事はあまり良く分かっていませんが、神様は私の事を全てご存知でいらっしゃいますから、私はただ神様だけを信じて、御言葉の通りに、どこまでも従順に最後の最後まで従い続けていく所存です。

ですから、私はこのコロナ禍であっても充実した毎日を過ごさせて頂いております。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

先程も申し上げましたが、この記事をご覧になって頂いている皆様方が、神様の存在に気付いて下さり、神様の存在を確信して頂けるきっかけとなりましたら幸いです。

もし、聖書に興味を持たれた方は、是非聖書を手に取って頂き、読んで見て頂ければ幸いです。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

きっかけというのは、人それぞれで違います。

皆様方の心の中に、ほんの少しでも「神様は本当にいるんじゃないか?」と思われる様でしたら、私のブログだけでなく、RAPTブログRAPT理論+αを是非ご覧になって頂ければ、より神様を近く感じて頂けるのではないかと思います。

神様は、皆様方が神様の存在に気付いて下さるのを、ずっと待ちわびていらっしゃいます。

この記事をご覧になって頂いているたった一人の方が、神様の存在に気付いて下さる事だけでも、神様は大変喜ばれますし、私も大変嬉しく思います。

皆様方が、神様の存在に気付いて頂けるきっかけとなりましたら幸いです。

ここで、ラリーに話を戻しますが、ここ日本では「全日本ラリー選手権」があります。

この全日本ラリー選手権で、8回もの総合優勝をしている人物が「勝田範彦」(下記写真左)という人物です。

勝田範彦・石田裕一(出典はこちら

冒頭で、ラリーのタイムアタック動画をご紹介していますが、ドライバーが「勝田範彦」、コ・ドライバーが「石田裕一」の両名です。

ドライバーの勝田範彦は、トヨタの社長である「豊田章男」から慕われている人物でもあります。

1995年から2020年まで25年もの間スバル一筋であったが、2021年からはTOYOTA GAZOO Racingへ移籍し、自らも開発に携わったGRヤリスをドライブする。タイヤは移籍後もダンロップを使用する。勝田の誘いでラリーの世界に足を踏み入れた豊田章男トヨタ自動車社長からは「範さん」と呼んで慕われており、7月のラリー・カムイ(北海道)でGRヤリスのJRC初勝利を飾った時は祝辞をもらっている。

出典:勝田範彦 – Wikipedia

豊田章男がラリーに参戦しているのは有名な話です。

下記ツイートをご覧ください。

豊田章男がラリーに参戦する様になったのも、勝田範彦が声を掛けた事がきっかけの様です。

そして、豊田章男はレース出場の際には「モリゾウ」の名前でエントリーしています。

モリゾウの由来は以下の通りです。

このユニークな名前は、父親でトヨタ名誉会長の豊田章一郎氏が大会運営のトップだった2005年の愛知万博の公式キャラクター「モリゾー」をもじったといわれる。とにかく章男社長はモリゾウと呼ばれるのが好きだ。

出典:トヨタ社長のもう一つの顔 「モリゾウ」に変わる時|NIKKEI STYLE

愛知万博の公式キャラクター「モリゾー」をもじっていると書かれています。

愛知県瀬戸市の海上の森に住む妖精。緑色をしている。会場内での仕事はIMTSを運転することなど。「おじいちゃん」と呼ばれ中国語での名称も「森林爺爺」だが、本当の性別は不明という設定。年齢70代半ばだが縄文時代から住んでいるとされる。

出典:2005年日本国際博覧会 – Wikipedia

「モリゾー」」は、縄文時代から森に棲んでいる妖精と書かれていますが、「縄文時代」と「森の妖精」から、「ドルイド教」へと結びつくものと思われます。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ドルイド教も悪魔崇拝ですから、「モリゾー」というキャラクターは、サタン(悪魔)を表している事になります。

「モリゾー」から「モリゾウ」にしたのも、サタン(悪魔)の力を受ける為と考えられます。

豊田章男が「モリゾウ」と呼ばれるのが好きなのも、イルミナティ(=悪魔崇拝者)であるからに他なりません。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

豊田章男がイルミナティである以上、2021年からトヨタへと遺跡した勝田範彦もイルミナティである可能性が考えられます。

勝田範彦は、2010年~2013年に4連覇をしています。

その時のコ・ドライバーに「足立さやか」という人物がいます。

勝田範彦・足立さやか(出典はこちら

2002年~2005年まではドライバーとしてラリーに参戦。2010年に勝田範彦とペアを組んで以降輝きを見せ、全日本ラリー選手権で4年連続コ・ドライバーチャンピオンを獲得。さらに26戦連続ノーリタイアを記録するなど、国内トップクラスのコ・ドライバーとして君臨した。またTRDラリーチャレンジでトヨタ自動車社長の豊田章男のコ・ドライバーも散発的に務めている。

(中略)

豊田章男は勝田と足立の勧めでラリーを始めたと公言している。

出典:足立さやか – Wikipedia

勝田範彦が4連覇した時は、「足立さやか」がコ・ドライバーの時でした。

そして、豊田章男のコ・ドライバーをも務めている人物です。

豊田章男がラリーを始めたのは、勝田範彦だけでなく、足立さやかの勧めもあった様です。

ラリー動画をチェックしていた際に、女性のコ・ドライバーがいる事に驚いたのですが、その女性が足立さやかでした。

今回の記事を書くにあたって調べた所、ただの女性ではありませんでした。

と言いますのも、足立さやかは「名古屋第二赤十字病院」の職員である事が判明しました。

ーーーーーーーーーーーーーーー以下より転載(出典はこちら

新城ラリー2010総合優勝のコドラ・足立さやかさんから赤十字関係者を代表して感謝のメッセージが寄せられました。

sakefightsayaka.jpg

今回、初めての試みとしてラリー会場で献血と赤十字の広報活動を実施していただきました。
また、足立さんの働いている名古屋第二赤十字病院からも多くのボランティアの方がラリーのオフィシャルとして運営に協力していただきました。

http://www.aichi.jrc.or.jp/news/entry-459.html

いつもお世話になっております。
名古屋第二赤十字病院 足立さやかです

先日は大変お疲れ様でした。

病院からお褒めの言葉をいただきました。
まずは・・・
1、献血
  104人受付 7人 200ml 85人 400ml
   88単位の血液を確保することができた。
   これは快挙。1日のイベントでだいたい50単位が基準。
   それを遙かに上回る単位数。血液パックが足りるか心配になりました。

2、赤十字意識
  赤十字テントにも家族連れや若い男女がたくさん来てくれて、AEDやBLSを体験していってくれた。何かのイベントに依存して行われる赤十字ブースに、あそこまで人が集まってくれたことはなかった。より多くの人に、赤十字を知らしめることに成功した。本当に感謝したい。

3、社会貢献度
  JAFとのコラボで安全運転講習会。暴走イメージの強いレース競技に安全運転の大切さをアピールして、社会貢献に結びつけている事。さらには日赤を味方につけたこと。これはラリーを知らない人々に、クリーンなイメージを植え付けることに成功している。本当に素晴らしいイベントであった。

などなど、見に来てくれた病院の方々が興奮冷めあがらない様子で語ってくれました。
これもひとえにイベントスタッフの皆様のご尽力あってのことと思います。
隙あらば、献血献血と連呼していただいたそうですね。
本当に何から何までありがとうございまじた。

最後に、足立さん主演のPVです。

ーーーーーーーーーーーーーーー転載ここまで

足立さやか主演のPVは、削除されていましたので、こちらの記事では掲載しておりません。

まず、赤十字社の名誉総裁は「皇后陛下」です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

そして、2010年の新城ラリーの会場にて、初めて献血と赤十字社の広報活動を実施したとあります。

新城という地名は、私の地元愛知県にある市になります。

愛知県はトヨタのお膝元ですし、豊田章男は天皇家の親戚ですから、新城ラリー会場を利用して献血と赤十字の広報活動をする事で、天皇家の利益に貢献したものと考えられます。

そして、その広報活動の代表として、足立さやかがコ・ドライバーとして派遣され、コ・ドライバーデビューの年に総合優勝しています。

更に、その後4連覇までしています。

つまり、天皇家への利益誘導をしたご褒美として、総合優勝させてもらったと考えても不思議ではありません。

また、献血した血液が「88単位」と書かれています。

88という数字も、悪魔を表す数字ですから、イルミナティが好む数字になります。

また、最初に勝田範彦と足立さやかを紹介した写真にて、指を一本だけ立てる行為もイルミナティサインの一つです。

オードリー春日の「トゥース」も同様です。

下記ツイートをご覧ください。

これらの事から、「勝田範彦」及び「足立さやか」も豊田章男と同じくイルミナティであると考えられます。

また、「赤十字テントにも家族連れや若い男女がたくさん来てくれて」や「隙あらば、献血献血と連呼していただいたそうですね。」とも書かれています。

この文言をご覧になった上で、下記ツイートの動画をご覧ください。

実は、赤十字の献血というのは、「輸血」に使われていないのです。

何に使われているのかと言えば、「アドレノクロム」です。

アドレノクロムは、イルミナティ御用達のスーパードラッグです。

その原料は、「幼児の血液」です。

下記ツイートをご覧ください。

つまり、赤十字が献血を声高に叫ぶのも、天皇家一族を始めとしたイルミナティが、アドレノクロムを摂取する為の原料集めだったという訳です。

ですから、献血が輸血に使われているというのは、「嘘」です。

私たち庶民から、ただで献血させては、アドレノクロム製造の富士フィルムに原料として売ってボロ儲けしている訳です。

ですから、赤十字の献血はただの詐欺です。

献血をする事で儲かるのは、天皇家です。

ですから、赤十字の職員である「足立さやか」は、ただの女性ではなく、天皇家から派遣された赤十字の広報活動という名の工作をする「工作員」と言えます。

2021年現在、足立さやかはトヨタに所属しています。

この事からも、勝田範彦、足立さやかも豊田章男と同じくイルミナティと言えます。

また、ラリー界には、SKE48のメンバー「梅本まどか」も関わっていました。

愛知県出身。SKE48出身の元アイドルで、現在はタレント・女優。SKE48在籍時からモータースポーツ好きを公言しており、F1関連のイベントやメディアに多く登場する。2018年にクスコジュニアラリーチームに加入し、TGRラリーチャレンジでナビゲーターデビュー。

出典:ナビゲーター (モータースポーツ) – Wikipedia

SKE48もイルミナティです。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

そして、クスコラリージュニアチームに加入していますが、クスコの名前の由来が以下の通りです。

2011年にウェルパインメディアとジョイントして、エントリーカテゴリ向けチームのCJRT(クスコ・ジュニアラリーチーム)を結成。CJRTの車両はオリジナルキャラクターの「高崎くす子」(オオヤマツミの娘で、コスチュームは巫女服をレースクイーン風にアレンジしている。林道で練習中のラリードライバーに接触したことがキッカケでチームに遊びに来たという設定。名前の「高崎」は本社所在地、「くす子」は同社のブランド「CUSCO」に由来)が描かれ、痛車化されている。同チームはJRCとTGRラリーチャレンジの下位クラスを中心に参戦し、2016年・2017年にトヨタ・86の明治慎太郎/北田稔組がJRCのJN2クラスでチャンピオンを獲得している。また2018年には元SKE48の梅本まどかがコ・ドライバーとして加入している。

出典:キャロッセ – Wikipedia

「オオヤマツミ」は、「大山津見神(おおやまつみのかみ)」の事で、日本神話に登場する神(悪魔)です。

高崎市は群馬県にあります。

群馬と言えば、李家と創価学会の最重要拠点です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

「くす子(CUSCO)」と言えば、インカ帝国の首都が「クスコ」で、世界遺産になっています。

インカ帝国も古代エジプトと同じく、天皇家へと通じます。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

以上より、ラリー界においても、イルミナティが深く関わっている事がご理解頂けるかと思います。

この世の中は、どこもかしこもイルミナティばかりです。

この様な悪の限りを尽くしているイルミナティを一刻も早く滅ぼす為にも、引き続き悪なる者達の裁きと滅びを強力にお祈りして参ります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

HAJIME