【報道されない真実】世界各国で起きている反コロナ(ワクチン)デモ。

こんにちは。

HAJIMEです。

今回は、世界各国で起きている反コロナ(ワクチン)デモの様子をご紹介していきたいと思います。

今さら言うまでも無い事ですが、反コロナ(ワクチン)の情報は日本のメディアではまず報道される事がありません。

もう既に多くの方が、コロナがおかしいという事に気付いていらっしゃるかと思いますが、未だに報道を鵜呑みにしてコロナが本当にあると思っていらっしゃる方が多いのもまた事実です。

先日、仕事で10年以上付き合いのある取引先の担当者に会う機会があり、その方から「ワクチン打ちましたか?」と聞かれましたので、私は「打つつもりはありません。」と返答しました。

更に話をしていくと、ちょうどその日にワクチン接種の予約をしているとの事で、私との会話の後にワクチンを接種する予定との事でした。

その事を聞いた私は、ワクチンの危険性を様々な面からお伝えして、ワクチンの接種をしない様に出来るだけの事をしました。

そして、翌日にその方と会う機会があり、その方は「色々考えた末に、打っちゃいました。」との回答がありました。

非常に残念な結果でしたが、改めて、イルミナティによる洗脳の深さを感じざるを得ませんでした。

私はこの経験を基に、世界各国で反コロナ(ワクチン)デモが起きている事を、日本人の多くの方が知る事で、ワクチンの接種を思い直して頂けるのではないかと考えました。

これまで何名かの方にワクチンの危険性を伝えていく中で、ワクチンの危険性をすぐに理解して下さってワクチンを接種しないと仰って下さる方もいらっしゃれば、にわかには信じられず、どうしようかなぁと半信半疑の方もいらっしゃいました。

半信半疑の方で、迷いが生じていらっしゃ方には、ワクチンの接種で多くの方が亡くなっている旨をお伝えして、すぐに接種をするのではなく、接種をギリギリまで延期して、ギリギリまで様子を見て下さいとお伝えしています。

その様にお伝えするのも、ワクチンに関する世論が変わる可能性が十分にあるからです。

実は、コロナワクチンの胴元であるビル・ゲイツと大手製薬会社がワクチンに関する訴訟で敗訴し、米連邦最高裁判所がワクチン接種の中止を言い渡したとのニュースがありました。
(詳細は下記リンクをご覧ください。)

この裁判沙汰が事実であり、ビル・ゲイツ及び大手製薬会社が敗訴し、ワクチン接種中止の言い渡しが事実となると、反ワクチンの口火を切る事に他なりません。

つまり、今後コロナワクチンの接種中止の流れが、全世界中で起きる可能性が非常に高いものと思われます。

この流れが全世界中に広まっていったならば、これまでワクチンの接種を推進してきた政府、政治家、マスコミ、医者らは、接種させる必要の無い毒ワクチンを接種させてきた訳ですから、殺人犯と言えます。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、実際に多くの方がワクチンで亡くなっていますから、菅義偉や河野太郎ら政府首脳陣はただの殺人犯ではなく、大量殺戮犯と言っても過言ではありません。

ワクチンの危険性につきましては、下記リンクをご覧ください。

そして、上記リンクからもお分かりの通り、人体にとって有毒でしかないワクチンを接種させる目的は、人口の削減です。

更に、イギリスではコロナパンデミックの計画の全貌がリークされていました。

このリークが影響しているのか、ヨーロッパ主要国では政府に対する反コロナ(ワクチン)デモが起こされています。

つまり、民衆が政府によるコロナの嘘とワクチンの有毒性についてを知る事となり、自由を取り戻そうと立ち上がり始めています。

現状では、未だにイルミナティがテレビやマスコミを牛耳っていますので、日本だけでなく世界中のメディアで、反コロナ(ワクチン)デモを報道する事はありません。

ですから、ツイッターやブログなど、インターネットを通して私たちが地道に情報を拡散するしかありません。

各個人がコロナの茶番とワクチンの毒性に気付き、嘘を付いている政府やマスコミに変わって情報を拡散をしていかなければなりません。

私たち一人ひとりの力は小さくとも、真実は確実に広まっていきます。

この記事を読んで下さっている方の中で、志を同じくして下さる方がいらっしゃいましたら、情報拡散にご協力をお願い致します。

それでは、マスコミが報道しない世界各国で起きている反コロナ(ワクチン)デモについてご紹介していきたいと思います。

フランスとイタリアの全国各地でデモが発生している様です。

2021年7月24日 フランス パリ。

同日、フランス。

イタリア ナポリ。

https://twitter.com/camus37/status/1419032145096548352?s=20

イギリス ロンドン。

スペイン マドリード。

ヨーロッパではないですが、オーストラリア シドニー。

https://twitter.com/shinsouQmei/status/1419070744856649730?s=20

イタリアの警察もコロナ茶番を止めて、民衆の味方になった様です。

https://twitter.com/nakkara_gunma/status/1419068038582730755?s=20

また、日本だけでなくフランスのBFMというメディアも、事実を隠蔽した偏向報道を行っていた様です。

この様に、日本だけでなく世界各国でコロナパンデミックに不都合な真実を報道していません。

この事からも、如何にイルミナティが世界各国のメディアを牛耳っているかが、ご理解頂けるかと思います。

ですから、テレビをいくら見ても真実の情報を得る事は出来ません。

その証拠に、コロナパンデミックが引き起こされた中国の武漢では、2020年8月17日の時点で、既にたくさんの人がプールで遊んでいます。

正に、コロナが茶番である事を示していますし、この事を日本のテレビ・メディアでは報道していません。

いくらテレビを見ても、イルミナティにとって不都合な真実は報道されません。

逆を言えば、イルミナティにとって都合の良い嘘ばかりを報道していると言えます。

テレビはイルミナティの洗脳装置です。

ですから、テレビは今すぐにでも見るのを止めるべきです。

テレビを見続けていると、イルミナティにとって都合の良い嘘が頭に植え付けられ、洗脳されていってしまいます。

そうすると、イルミナティの奴隷となって一生を生きていく事になってしまいます。

その様な奴隷でも良いと言う方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、大半の方は奴隷にはなりたくないと思います。

では、どうするべきかと言えば、テレビから離れ、真実を学ぶ必要があります。

日本人はとても大人しい民族ですから、ヨーロッパ各国の様にみんなで立ち上がってデモを起こして意見を主張する行動をする事を苦手としています。

しかしながら、ただデモを起こせばいいのかと言えば、そういう訳でもありません。

イルミナティどもが、最も恐れている事は何だと思いますか?

それは、我々庶民が真実を知る事です。

イルミナティはテレビ、マスコミを使ってイルミナティにとって都合の良い嘘を撒き散らしては、その嘘を真実だとして我々庶民を洗脳してきました。

テレビを捨て、真実を学び、洗脳されなければいいのです。

テレビを捨てたとしても、ネゥト上に溢れかえっている情報のどれが真実か分からないから、どうすれば良いのかと迷う事があるかもしれません。

真実は、RAPTブログRAPT理論+αにあります。

我々庶民が、RAPTブログとRAPT理論+αにて、真実をしっかり学んでいく事で、イルミナティどもはどうする事も出来ません。

一度真実を知ってしまったならば、同じ嘘は通用しないからです。

ですから、日本国民全員がRAPTブログとRAPT理論+αにて真実を知ってしまえば、イルミナティによる洗脳は全く意味を成しません。

ヨーロッパ各国の様にデモを起こして意見を主張するのも一つの手段ではありますが、最も手っ取り早いのは、一人ひとりが真実を知り、コロナの嘘に気が付く事で、政府が主導している無意味なコロナ対策を日本全体で各自が取り止めていく事で、コロナパンデミックは終わります。

ですから、マスク、アルコール消毒、ソーシャルディスタンス、ワクチンも全て必要ありません。

これらは全てイルミナティによる洗脳です。

これらの事に囚われている方は、イルミナティによって洗脳されているという事になります。

コロナは存在しませんから、コロナと結び付けられる全ての事象が嘘であると言えます。

分かってしまえば単純な話です。

日本国民全員、そして全世界中の人がコロナが嘘である事に気付いてしまえば、イルミナティの計画は全て頓挫し、全人類がイルミナティによる洗脳から解けていく事になると思います。

この記事を読んで下さった方の中で、私はイルミナティによって洗脳されていたんだと気付いた方がいらっしゃいましたら、是非「RAPTブログ」と「RAPT理論+α」にて真実を学んで下さい。

RAPTブログを読んで難しいと感じた方は、RAPT理論+αの閲覧をおすすめ致します。

RAPT理論+αは、世の中のニュースのここが嘘ですよと、RAPT理論を基に解説しているサイトになります。

一緒に真実を学んで、悪の限りを尽くすイルミナティの支配から共に抜け出しましょう。

一人でも多くの方が真実を知って下さいます事を心から願っています。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

HAJIME