中居正広はイルミナティ「李家」の洗脳工作員。または、ジャニー喜多川の小児性愛という「性的虐待」について。

こんにちは。

HAJIMEです。

今回は、中居正広について書いていきたいと思います。

中居正広と言えば、元SMAPのメンバーの一人です。

SMAPが結成される前は、ジャニーズJrにて「スケートボーイズ」という光GENJIのバックダンサーをしていました。

光GENJIの名前の由来も「源氏物語」の「光源氏」から来ている訳ですが、光源氏のモデルになっている人物が「源融」です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

そして、今現在において人気YouTuberとされている「ヒカキン(本名:開發光)」、「シバター(本名:斎藤光)」、「ヒカル(光)」等に、「光」という文字が名前に使われているのも、創価信者の特徴でもある様です。

下記ツイートをご覧ください。

この事から、光GENJIに「光」が使われているのも創価学会信者である事を示しているものと言えます。

実際に、2021年現在において、ジャニーズ事務所の副社長になっている「滝沢秀明」は、創価信者です。

ーーーーーーーーーーーーーーー以下より転載(出典はこちら

 その証拠というわけではありませんが、彼が最年少でNHK大河ドラマ「義経」の主役をやることになった時に池田太作名誉会長が「『義経』に出ることになっている滝沢秀明、上戸彩、石原さとみは創価学会のファミリーです。みんなで『義経』を見て応援しよう」と発言したのです。

 この模様は創価学会の公式な記録には載っていないようですが、当時発売した週刊新潮が「『創価学会』に乗っ取られたNHK『義経』」という衝撃的なタイトルで報じています。入信のきっかけは前述の通り、熱心な信者であるお母さんが彼を創価学会の施設に連れて行ったことからでした。

ーーーーーーーーーーーーーーー転載ここまで

ご覧の様に、週刊新潮にも創価信者として掲載されていますし、NHK大河ドラマ「義経」について、池田大作が皆で見て応援しようとまで発言していた様です。

創価信者である滝沢秀明がジャニーズ事務所の副社長に就任している以上、ジャニーズ事務所=創価学会と言っても過言ではありません。

創価学会については、下記リンクの記事もご覧ください。

ジャニーズ事務所そのものが創価学会という事は、所属しているタレントも創価信者であると考えられます。

そして、創価学会はセクハラもホモも当たり前の世界である様です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

そう考えますと、ジャニーズ事務所というのは美男子が多数集まる組織で、未成年のジャニーズJrも多数在籍しています。

そんなジャニーズ事務所は創価学会で、創価学会はセクハラもホモも当たり前の世界という事は、ジャニーズ内でのホモ関係があるという事が言えます。

実際に、ジャニー喜多川はホモですから、ジャニーズタレントと肉体関係があったとしても不思議ではありません。

そう考えて調べてみた所、少し長いですが、以下の記事を見つけましたので、ご紹介させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーー以下より転載(出典はこちら

ジャニー喜多川氏の性的虐待は「疑惑」ではない

 日本テレビに限らず、テレビ局は大きな力をもつジャニーズ事務所の力に怯え、「ジャニーズ事務所所属タレントのスキャンダル揉み消しに協力する」「ジャニーズ事務所を離脱したタレントに対する不当な干し上げに加担する」といったことを継続的に行ってきた。

 その「忖度」の象徴たるものが、ジャニー氏による所属タレントへの性虐待に関するものだろう。

 ジャニー氏が所属タレントに対して性的虐待を行っているという“疑惑”は生前から常に取り沙汰されてきた。そのなかには、裁判所によって“真実”であると認められたものもある。

 しかし、日本のメディアでジャニー氏の訃報を伝える際にそのことに触れるものは皆無であった。

一方、海外メディアでは、ジャニー氏の訃報を伝える記事で、性的虐待についてはっきり記している。たとえば、2019年9月9日付ネットニュース版「ニューヨーク・タイムズ」に掲載されたジャニー氏の訃報を伝える記事にはこのように書かれている。

<2002年、東京地方裁判所は、所属する若いタレントたちへのセクシャルハラスメントを報じた週刊誌が名誉棄損であるとの喜多川の主張を支持したが、その後、裁判所は判決の一部を覆した>(編集部訳、以下同)

 同じ日のネットニュース版「BBCニュース」でも同様だった。

<彼のキャリアは論争と無縁ではなかった。1999年、日本の雑誌「週刊文春」が事務所の少年たちに対して性的虐待を加えている記事を何度も掲載したのだ。喜多川はすべての告発を否定。そして、雑誌を相手どった名誉毀損の裁判を起こし勝利した。しかし、その後、裁判所は判決の一部を覆した。彼はどの告発に関しても罪に問われることはなかった

権力を利用した悪質なセクシャルハラスメント

 ジャニー氏の性的虐待疑惑については、ニューヨーク・タイムズやBBCの報道で触れられている「週刊文春」記事の前から、ジャニーズ事務所の元所属タレントたちが暴露本を通じて告発してきた。

 元フォーリーブスの北公次による『光GENJIへ』(データハウス)、元ジャニーズの中谷良『ジャニーズの逆襲』(データハウス)、平本淳也『ジャニーズのすべて 少年愛の館』(鹿砦社)、豊川誕『ひとりぼっちの旅立ち』(鹿砦社)、そして、2005年には光GENJIの候補メンバーだった木山将吾による『Smapへ――そして、すべてのジャニーズタレントへ』(鹿砦社)と、何冊も暴露本が出版されている。

 だがすべては“公然の秘密”のままだった。しかし、「週刊文春」は1999年から2000年にかけ、10回以上におよぶ追及記事を掲載する。

 記事によれば、「合宿所」と呼ばれているジャニー氏の自宅や、コンサート先のホテルにジュニアのメンバーが宿泊する際、夜中になるとジャニー氏が夜這いをしかけてきて、そのまま肉体関係を強要するのだという。

 ジャニー氏はほとんど同じ手口で何人ものジュニアのメンバーに関係を迫った。「週刊文春」の追及記事では、複数の少年が同様の被害を語っている。

 ジャニー氏は翌朝になると必ず数万円単位のお小遣いを渡すというが、少年たちが肉体関係に応じたのは、そんなはした金のためではない。ジャニー氏の要求を断れば、事務所内での自分の立ち位置が悪くなったり、グループとしてデビューさせてもらえないかもしれないという恐怖があるからだ。実際、記事ではジャニー氏との関係を拒絶したことによって口をきいてもらえなくなった例も記されている。

 ジャニーズ事務所のタレントとして成功したければ、どんな理不尽なハラスメントであろうとも、歯を食いしばって耐えるしかない。「週刊文春」は、ジャニー氏のハラスメント自体はもちろん、こうした権力構造そのものを、記事のなかで何度も繰り返し批判していた。

 これに対しジャニーズ事務所とジャニー氏は、キャンペーン記事によって名誉を毀損されたとして東京地裁に民事訴訟を起こした。

 一審ではジャニーズ側の勝訴となったのだが、二審ではセクハラ行為の部分は事実であると認定して損害賠償額が減額された。

 「週刊文春」によれば、控訴審判決のなかで東京高裁は<喜多川が少年らに対しセクハラ行為をしたとの各証言はこれを信用することができ、喜多川が少年達が逆らえばステージの立ち位置が悪くなったり、デビューできなくなるという抗拒不能な状態にあるのに乗じ、セクハラ行為をしているとの本件記事は、その重要な部分について真実であることの証明があった>と結論づけたという。

 この後、ジャニーズ側は上告したが棄却された。結果的に、名誉毀損自体は認められたが、それは「合宿所のなかで少年らに飲酒や喫煙をさせている」といった記述に対するものであり、ジャニー氏のセクシャルハラスメント自体は事実と認定されたのである。

少年への性虐待は「なかったこと」にされている

 しかし、「週刊文春」記事やこの裁判について、日本国内の主要メディアは黙殺した。マスメディアは総出で少年への性虐待を見ないようにし、ジャニー氏の行為は糾弾されることも罰されることもなかった。こうした日本メディアの「圧力に屈する」「権力に忖度する」といった構図がジャニーズタブーをつくりだし、結果的に、少年たちの心に一生残るような傷を残す非道な行為がまかり通る環境を生み出してしまったのだ。

 これもジャニーズ事務所への忖度が必要ない海外メディアは別であり、2000年1月30日付「ニューヨーク・タイムズ」では、ジャニー氏の性的虐待のみならず、強大な力をもつジャニーズ事務所に屈服してジャニー氏に関するネガティブな報道ができない日本のメディア状況も含めて報道された。

先に紹介した「BBCニュース」のジャニー氏訃報記事では、やはりこんな記述がある。

彼の事務所は業界を支配していたため、ジャニー喜多川には誰も触れることができず、あえて強大な事務所を脅かそうとする日本の主要メディアはいなかった

ーーーーーーーーーーーーーーー転載ここまで

以上をご覧になって頂ければ、未成年であるジャニーズJrを事務所に在籍させていたのも、ジャニー喜多川の小児性愛の為と言えます。

逆を言えば、ジャニーズでデビューし、売れているタレントというのは、ジャニー喜多川との肉体関係を継続してきたからに他なりません。

この記事の書き方から察するに、ジャニー喜多川との肉体関係を免れているタレントはいないものと思われます。

漏れなく全員が関係を持っているのでしょう。

厳密には肉体関係と言うと語弊が生じますので、ジャニー喜多川による権力に物を言わせた性的虐待と称した方が正しいかと思われます。

つまり、創価企業であるジャニーズ事務所というのは、ジャニー喜多川が未成年の少年相手に小児性愛を行う性的虐待の場と言っても過言ではありません。

そして、被害にあった少年らとの裁判が起こされても、容疑を否認しては無罪と判決され、罪に問われていません。

普通の人間であれば、10代の少年に対して肉体関係を強要しようとはしませんし、被害者から訴えられたならば、例え容疑を否認したとしても有罪判決になると予想されます。

しかし、ジャニー喜多川の場合は罪に問われていませんし、日本の主要メディアもまるで何事も無かったかの様に白を切っています。

この様な事がまかり通ってしまっているのも、ジャニー喜多川が上級国民であるからに他なりません。

ジャニー喜多川は、「キッシンジャー」と「円谷英二」と「豊田章男」にそっくりです。

下記ツイートをご覧ください。

豊田章男は天皇家の親戚であり、更に創価学会とも繋がります。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

以上より、豊田章男とそっくりのジャニー喜多川も天皇家の血筋という事になります。

天皇家の血筋であるからこそ、裁判沙汰になっても無罪放免という訳です。

かの飯塚幸三も創価信者で、かつ上級国民であった為、ひき逃げ死亡事故を起こしていたにも関わらず、逮捕されずに自宅で生活していました。

下記ツイートをご覧ください。

そして、飯塚幸三は、ジャニー喜多川と同様に裁判で無罪を主張していました。

法で裁けない上級国民という存在が、日本国民の多くに広まった為か、世論の後押しにより、最終的には禁錮5年の有罪判決が下されています。

ご遺族のお気持ちを察しますと、素直に罪を認める事も無く、散々無罪を主張し続けてきた飯塚幸三に対して、禁錮5年という判決は決して納得のいく判決ではなかったものと思われます。

この上級国民というシステムがある限り、私たち庶民が安心して暮らせる世界にはなりません。

この上級国民こそが、イルミナティ(悪魔崇拝者)でもあります。

ジャニー喜多川の様に、10代の少年に対して肉体関係を強要するというのは、明らかな犯罪行為ですし、どう考えても異常な性的嗜好と言えます。

普通の常識ある人間であれば、その様な行為は行いませんし、行おうと考える事も無いと思います。

しかしながら、イルミナティというサタン(悪魔)を拝む上級国民は、その様な行為を日常的に行っています。

なぜかと言えば、趣味嗜好もあるかもしれませんが、何よりも悪魔崇拝儀式の一環でもあるからに他なりません。

イルミナティ(悪魔崇拝者)の連中は、サタン(悪魔)から力を受ける為に、悪魔崇拝儀式を行わなければなりません。

その悪魔崇拝儀式は、実に数多くの儀式が存在しています。

麻薬、刺青(タトゥー)、生贄(殺人)、虐殺、近親相姦、強姦、乱交、小児性愛、同性愛(LGBT)、人肉食など、数多くの儀式があります。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

これらの儀式を行う事でサタン(悪魔)から力を受ける訳ですが、天皇を始めとするイルミナティ(悪魔崇拝者)の連中は、サタン(悪魔)から力を受けようと必死になって、これらの行為を日常的に行っているのです。

ですから、肉体的にも、精神的にも病んでいく事になるのは火を見るよりも明らかです。

だからこそ、上級国民である飯塚幸三は、車で人をはね殺しても、平然と証拠隠滅をやってのける事が出来たのです。

下記ツイートをご覧ください。

証拠隠滅だけでなく、「パニック状態になった」と嘘までついています。

この様に、上級国民というのは、私たち庶民が何人死のうが意にも介さない連中です。

だからこそ、ワクチン接種による人口削減をも行う事が出来るのです。

その証拠に、イルミナティによる人口削減会議の動画が流出しています。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ロシアでは、人口削減計画について大々的に報道されています。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

ローマクラブには、池田大作も名誉会員として名を連ねています。

また、ビル・ゲイツは中曾根康弘の妻「中曽根蔦子」にそっくりです。

下記ツイートをご覧ください。

中曾根康弘は、JAL123便墜落事故の首謀者とも言える人物です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

そして、ビル・ゲイツが巨万の富を得ているのも、JAL123便墜落事故によるものである事が判明しております。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

更に、中曽根康弘は、嵐の「櫻井翔」とも繋がりがあります。(詳細は下記の動画とリンクをご覧ください。)

ここで、再度ジャニーズへと繋がる事になります。

そして、嵐の櫻井翔は、佳子様にそっくりの超上級国民です。

下記ツイートをご覧ください。

ご覧の様に、櫻井翔と佳子様はそっくりですから、櫻井翔も天皇家の血筋と言えます。

また、嵐は大麻を使用して週刊誌にスクープされていますが、超上級国民の櫻井翔だけは、スクープを揉み消され、何事も無かったかの様になっています。

下記ツイートをご覧ください。

嵐の大麻使用を週刊誌にリークしたのが、「AYA」という人物です。

AYAは、嵐のメンバーと関係があった人物ですが、「自殺」という形で不審な死を遂げています。

AYAに関しての詳細が記された記事がありましたので、少し長いですが、ご紹介させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーー以下より転載(出典はこちら

人物

  • AYAは1996年から2000年代後半まで、10年以上に渡って数多くのジャニーズタレントとの交友・交際があったことで知られており、ジャニ喰い」、「ジャニーズ専用のコールガールなどの異名を持っていた。
    AYAと関わりのあったメンバーの内、証拠写真などで確実に判明している者は、以下の25名。
  • 人脈が広く、島田紳助、小室哲哉、KEIKO(globe)、持田香織、華原朋美、浜崎あゆみ、松浦勝人 (当時エイベックス社長)、千葉龍平 (当時エイベックス副社長)、酒井法子、高相祐一、そして市川海老蔵殴打事件にかかわった関東連合の面々などと親しい関係にあった。

来歴

  • 幼い頃に両親が離婚。 以降、母子家庭で育つ。
  • 16歳だった1996年にタレントを目指して大阪から単身上京。 同年、テレビ東京『ASAYAN』の小室ファミリーオーディション企画「コムロギャルソン」に応募して合格。 小室哲哉プロデュースのアイドルユニット 「L☆IS (リス)」 のメンバーとして同年8月28日にCDデビュー。
  • 1999年、テレビドラマ『天然少女萬NEXT 横浜百夜ゆや篇』(同年11月25日&26日、WOWOW)にて、滝沢安曇役で女優デビュー。
  • 2000年、雑誌『週刊大衆増刊 パパラッチ』(4月11日号、双葉社。撮影:山岸伸)、『アップ トゥ ボーイ』(5月号、ワニブックス)、『ACTRESS』(5月号、リイド社)の3誌でグラビア掲載。
  • 2002年度と2003年度の「JGTC Team YeLLOW CORn」のイメージガールとなり、「」名義でレースクイーンを務める。 その際、生年月日を「1981年2月17日」とし、年齢を1歳詐称。
    2002年7月発売の写真集『史上最強のレースクイーン YeLLOW CORN』(三栄書房)、同年8月発売の写真集『レースクイーン年鑑 2002』(桜桃書房)に掲載。
    更に2003年度の「K-1 World」のラウンドガールも務める。
  • 2003年5月、「彩」名義で1stソロ写真集『LOVE & PEACE』発売。 続いて同年10月22日、1stDVD『LOVE AND PEACE』発売。
  • 2008年12月発売の雑誌『FLASH』(2009年1月6日・13日合併号、光文社)の袋とじにて、「AYA」名義で初ヌードを披露。
    ここから生年月日を「1985年12月30日生まれ」とし、年齢を6歳詐称する。
  • 続いて、2009年1月23日発売のイメージDVD『BLACK CRYSTAL』でもヌードを披露。
  • 大阪に残した母親の癌の医療費を稼ぐため、同年5月1日、DVD『FIRST IMPRESSION 42』でAV女優としてデビュー。 この1作目のギャラは300万円だった。
    なお、AVデビューしてからは生年月日を「1982年2月17日」とし、2歳の詐称に留めた。
  • 2010年10月23日 午後8時過ぎ、大量の覚醒剤を摂取した状態で、渋谷区恵比寿にある10階建の高級デザイナーズマンションの自室(渋谷区東3-9-6「ラグジュアリーアパートメント恵比寿」7階)から飛び降りて即死。 30歳没。 [1]

    AYAが亡くなった10月23日は、奇しくもジャニーズ事務所の創業者・ジャニー喜多川の誕生日だった。 また、生前には「芸能界の大物に殺される」という言葉を繰り返し友人らに訴えていたため、他殺説も根強く囁かれているが、実際は他殺でも自殺でもなく、覚醒剤によって心神喪失状態に陥った上での事故死 (転落死)。
    AVデビューしてからわずか1年余りの間に出演した作品の数は、撮りおろし作品だけでも延べ16本。 内容は回を追うごとに過激さを増していったが、最終的にギャラは1本約30万円ほどにまで落ち込んでいた。

ーーーーーーーーーーーーーーー転載ここまで

AYAは、ジャニーズ専用のコールガールとの異名を持っており、かなりの人数のジャニーズタレントと肉体関係を持っては、「アネゴ」と呼ばれる程に親しい間柄であった様です。

AYAの経歴を見ますと、イルミナティと関わりがある事を示す内容がいくつかあります。

イメージDVDの発売日が1月23日と、123(ひふみ)になっています。

JAL123便墜落事故とも通じますが、123(ひふみ)は悪魔崇拝へと通じます。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

AV女優としてデビューした理由が、母親の「癌」の医療費を稼ぐ為とあります。

しかしながら、癌という病気は存在しません。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

癌という病気が存在しない以上、AVデビューの理由は嘘をついている事になります。

恐らくですが、AV女優としてデビューさせる為、母親を人質に取って脅しては、ついでに癌利権で儲ける算段だったのではないかと思われます。

AVデビュー1作目のギャラは300万で、回を重ねる毎に内容がハードになっていったにも関わらず、最終的には1本約30万にまで、ギャラが落ち込んでいます。

この事から、ギャラに不満を持ったAYAが、超上級国民である櫻井翔が所属している嵐の大麻使用を週刊誌にリークしたのではないでしょうか。

そのリークに激怒したイルミナティが、自殺に見せかけて暗殺したものと思われます。

覚醒剤によって心神喪失状態で自殺というのは、AYAがイルミナティに関わっている人物である以上、単純に自殺したとは考えにくい所です。

覚醒剤は殺してからでも摂取させる事は可能ですし、イルミナティはこれまでに何度も自殺に見せかけて暗殺してきた実績があります。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

また、AYAの自殺したとされている日が、ジャニー喜多川の誕生日である10月23日です。

この事から、暗殺を指示したのは、ジャニー喜多川とも考えられます。

その理由として、イルミナティ(悪魔崇拝者)は政財界に広く存在していますので、ジャニーズタレントの不祥事を起こした人物に対して、ジャニー喜多川が責任を持ってきっちり報復したぞという、イルミナティの仲間に対するメッセージであるものと思われます。

イルミナティの連中は、秘密を外部に漏らしてはいけない規則になっていますので、AYAのリークというのは、謂わばイルミナティ内部におけるジャニー喜多川の信用問題に関わってくるものと考えられます。

信用回復の意味を込めて、ジャニー喜多川の誕生日である10月23日に、わざわざ暗殺したという訳です。

つまり、AYAを自殺に見せかけて暗殺を指示したのはジャニー喜多川と言えます。

実行犯については、覚醒剤を使っている事からも創価お抱えのヤクザを使ったのではないでしょうか。

先程も申し上げました通り、ジャニーズは創価企業です。

そして、創価学会は日本最大の麻薬売買組織でもあります。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

また、尾崎豊や伊丹十三を暗殺したのも創価学会と関係のある暴力団に殺されています。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

これらの実績からも、AYA殺害の実行犯も創価学会と関係のある暴力団であると考えられます。

以上の事から、創価学会というのはただの犯罪者組織に他なりません。

更に、ジャニー喜多川の性的虐待について、日本の主要メディアが報道しなかったのも創価学会が深く関わっているからに他なりません。

画像

これは、存在しないコロナを主要メディアがこぞって報道している事からも明らかです。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

また、コロナパンデミックの計画を実行部隊として活動しているのが創価学会です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

この様に、この日本で悪の限りを尽くしているのが創価学会です。

創価学会も悪魔崇拝宗教です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

創価学会は仏教系の宗教ですが、仏教も悪魔崇拝宗教に他なりません。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

そして、仏教で唱えるお経はサタン(悪魔)を召喚するための呪文でもあります。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

また、仏教だけでなく、神社を参拝する神道もまた悪魔崇拝宗教なのです。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

更に、神社には隠し扉が有り、その中はまるで銀座の高級クラブで、巫女さん達がドレスに着替えて接客してくれるというリークもされています。

下記ツイートをご覧ください。

宮司が言うには、どこの神社にも隠し扉があるとの事です。

神道を熱心に信仰されている方にとって、にわかには信じ難い事であると思いますが、イルミナティ(悪魔崇拝者)が関わっている以上、驚く事ではありません。

そもそも、神道のトップは天皇です。

そして、天皇はイルミナティのトップです。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

また、天皇は日本各地の神社に行く事がありますが、神社に隠し扉があるのも天皇をおもてなしする為なのかもしれませんね。

それこそ、隠し扉の中で、麻薬や生贄、乱交などの悪魔崇拝儀式をやっているのかもしれません。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

実際に、天皇が行う「大嘗祭」という儀式は悪魔崇拝儀式そのものです。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

また、神社の造りそのものが、女性の身体を表してもいます。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

つまり、神社そのものが、性的なものを象徴している事を意味します。

それこそ、正にイルミナティ(悪魔崇拝者)が作った宗教という証拠でもあります。

私たち庶民には、神社仏閣が如何にも神聖なものであるかの様に教えられる訳ですが、実態はその真逆です。

その実態を隠して、さも神聖なものであるかの様に教え込まれている事こそ、私たち庶民に施されている「洗脳」なのです。

なぜ私たち庶民に「洗脳」が施されているのかと言えば、イルミナティ(悪魔崇拝者)が私たち庶民をイルミナティの都合の良い様に支配する為に他なりません。

つまり、イルミナティが知っている真実は教えず、イルミナティにとって都合の良い嘘を私たち庶民に教え込んでは「洗脳」しているのです。

イルミナティにとって都合の良い嘘というのは、私たち庶民に本当の「神様」の存在を知覚させない事です。

本当の神様は「霊」です。

聖書にも以下の様に書かれています。

神は霊である。だから、神を礼拝する者は、霊と真理をもって礼拝しなければならない。

ヨハネによる福音書 04章 24節

ですから、私たち人間の目には見えません。

その事を利用したのが、イルミナティ(悪魔崇拝者)の連中です。

イルミナティ(悪魔崇拝者)の連中が何をしたのかと言えば、目に見えるものを神様だと、私たち庶民にテレビを始めとした各種メディア、義務教育等から教えては、信じ込ませて来たのです。

つまり、「洗脳」してきたのです。

それが、今の日本という国です。

私たち庶民は、イルミナティ(悪魔崇拝者)によって本当の歴史、真実を意図的に隠されています。

更には、人間が本来生きるべき生き方をも隠されて来ているのです。

私たち庶民は、イルミナティによって洗脳されているという事実に、一人ひとりが気付かなければなりません。

その為には、イルミナティとサタン(悪魔)の秘密を暴いたRAPTブログにて、RAPT理論を学ぶ必要があります。

実際に、私自身がRAPTブログに出会い、RAPT理論を学んでいく中で、イルミナティの存在を知り、イルミナティによって洗脳されている事に気付く事が出来ました。

そして、その後も継続してRAPTブログを閲覧していく中で、イルミナティという全世界中で悪の限りを尽くしている組織の存在を確信したのと時を同じくして、私は神様の存在をも確信するに至りました。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

神様の存在を確信した私は、RAPTブログ有料記事の御言葉を学び、御言葉に従って生きる生き方をする様になりました。

その様にしてから今現在は2年目になりますが、このコロナ禍であっても充実した毎日を過ごす事が出来ております。

充実した毎日を過ごす事が出来ているのも、御言葉にどこまでも従順に従って生きようと努力しているからに他なりません。

神様の御言葉にどこまでも従順に従う事で、神様が私たち人間が生きるのに必要な全ての物を与えて下さり、私たちの悩みや不安、心配をも取り除いて下さり、心が喜びと希望と平安に満たされます。

ですから、例えコロナ禍の状況であったとしても、神様の御言葉にどこまでも従順に従っている限り、人は幸せな毎日を生きる事が出来るのです。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

この様に、人間が本来生きるべき生き方をも、イルミナティ(悪魔崇拝者)の連中は、私たち庶民から奪い取っているのです。

今の日本の常識や物の考え方には、神様の御言葉に反するサタン(悪魔)の思想が、イルミナティ(悪魔崇拝者)によって組み込まれています。

ですから、皆様方が今持っている常識や物の考え方のまま生活しても、決して幸せになる事はありません。

むしろ、それらの考えを捨て去り、RAPTブログ有料記事の御言葉の通りに生きない限り、幸せには生きられません。

世の中にある常識や物の考え方を持って生きている今、あなたは幸せな人生を生きる事が出来ていると、心の底からはっきりと言えますか?

もし、はっきりと言えないなと、素直に思われた方は、RAPTブログ有料記事の購読をオススメ致します。

RAPTブログ有料記事に、あなたの答えがあります。

有料と聞いて損するんじゃないかと思われるかもしれませんが、有料記事は月額800円です。

社会人の方であれば、経済的な負担にはならないと思います。

また、月額800円の金額設定なのも、中学生や高校生のお小遣いでも購入出来る様にとの配慮から、月額800円の設定になっています。

あなたご自身の人生を幸せに生きる為に、この記事をご覧になって頂いている一人でも多くの方が、RAPTブログ有料記事の御言葉に出会うきっかけとなりましたら幸いです。

最後に、中居正広の話に戻しますが、中居正広もイルミナティと深く関わっている人物です。

まず、中居正広は、2015年2月に父親が咽頭がんで死んだ事になっています。

神奈川県出身ではあるが、自身のルーツは北海道であり、父・正志が北海道岩内町出身。婚期を逃し続ける中居を嘆いていたこともあった。2015年2月に喉頭癌のため死去。

出典:中居正広 – Wikipedia

先程も申し上げました通り、癌という病気は存在しません。

にも関わらず、父親は癌で死んでいます。

これはつまり、父親をサタン(悪魔)の生贄にした事を意味します。

だからこそ、タレントとしてテレビに出演し続ける事が出来ている訳です。

また、父親だけでなく、自分自身も咽頭がんになったとも発言しています。

SMAPの中居正広(42)が27日夜、レギュラーパーソナリティーを務めるニッポン放送のラジオ「中居正広のSome girl’SMAP」(後11時)の放送で、6月にのどの腫瘍を手術していたことを明かした。

 中居はラジオで「先日手術をしまして。3週間たったので、お話ししようと」と告白。昨年から声の違和感を感じ、今年5月末に受診したところ「腫瘍です。悪性の場合、喉頭がんになります」と診断されたという。中居は5月9、16日の同ラジオで、今年2月に父・正志さんを亡くしていたことを告白したが、くしくも喉頭がんだった。「すげえDNAだな」と思ったそうだが、手術は無事成功したという。

 中居は自らスケジュール調整し入院、手術、退院まですべて一人で行った。関係者は「入院は5日間ほど。悪性ではなく良性のポリープと聞いています」と話している。

出典:SMAP中居、のどの腫瘍手術していた ラジオで告白 : 芸能 : スポーツ報知 (archive.org)

何度も申し上げますが、癌という病気は存在しませんので、中居正広が咽頭がんの手術をしたというのは嘘です。

なぜ嘘をついたのかと言えば、イルミナティの癌利権に協力したからに他なりません。

父親と同じ咽頭がんになったとする事で、私たち庶民に「癌が遺伝する」という洗脳工作を施している訳です。

また、中居正広は歌が下手である事をネタにしていますが、歌が下手なのは嘘である可能性が考えられます。

自身の歌唱力の不足に関しては度々自虐ネタにして笑いを誘っている。ただし、斉藤和義からは「ショーケンさん(萩原健一)とかそっち系の歌い方」「自信持った方がいいと思います」、出川哲朗からは「コレ言うと超怒るんだけどホントに怒るんだけど、ガチで歌ったら超うまいんですよ、それをテレビじゃ絶対やらないの」と肯定的な評価もなされている。

出典:中居正広 – Wikipedia

出川哲朗が、「中居正広は、本当は歌が上手い」と、発言している事から考えますと、仮に歌が上手い事が真実であった場合、中居正広はテレビで嘘をつき続けている事になります。

嘘をつく事も、サタン(悪魔)の性質そのものです。

また、中居正広はチャリティー活動にも積極的に活動しています。

東日本大震災発生後の3カ月で、SMAPのメンバー5人が日本赤十字社に寄付した義援金は少なくとも総額4億円以上であり、その内の2億円が中居によるものと報じたメディアもあった。現在も毎年3月11日の前後には義援金を寄付しているという。また、継続的に義援金を呼びかけていた『SMAP×SMAP』(フジテレビ)の終了後は、自身のラジオ番組『中居正広 ON&ON AIR』(ニッポン放送)で呼びかけを続けている。

(中略)

2016年の熊本地震では1回目は単身(4月25日)、2回目以降は笑福亭鶴瓶・岡村隆史(5月7日)や香取慎吾(5月15日)と共に避難所や学校を訪れてラーメンやチャーハンの炊き出しや、アイスクリームや携帯用ゲーム機などを配ったり、マッサージチェア1台と電動足もみ器3台や子供向けのおもちゃなどを贈呈するといった活動を行った。

2020年の新型コロナウイルス蔓延の現状を鑑み「東京コロナ医療支援基金」と「LOVE POCKET FUND(愛のポケット基金)」にそれぞれ1,000万円を寄付した。

新型コロナウイルスの治療に携わる医療従事者に叙々苑の弁当の差し入れを度々行った事が報じられている。

後述した2021年の紺綬褒章の受章は国や地方公共団体などに私財を500万円以上寄付したこと、賞杯と漆塗りの木製の杯の授与は1,500万円以上寄付したことが称えられたことによるものである。

出典:中居正広 – Wikipedia

東日本大震災における赤十字の義援金が3カ月4億円で、その内の2億円が中居正広によるものと書かれています。

まず、東日本大震災は人工地震によって意図的に引き起こされた人災です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

そして、赤十字の名誉総裁は皇后陛下です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

つまり、赤十字への義援金というのは、天皇家への上納金という事になります。

中居正広個人で2億円ですから、天皇家へかなりアピールしている事が言えます。

そして、同じく人工地震である熊本地震において、携帯ゲーム機を配ってもいます。

ゲームも、イルミナティ(悪魔崇拝者)の洗脳装置です。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

つまり、チャリティー活動を行う事で、さも良い事を行っている様に見えますが、その実態は携帯ゲーム機の配布を通して、私たち庶民への洗脳工作をしているに過ぎません。

正に、偽善と言えます。

また、嘘のコロナに合計2,000万円の寄付を行う事で、コロナ茶番の演出に協力しています。

更には、寄付金だけでなく、叙々苑の弁当を差し入れしては、更なるコロナ茶番の演出に協力しています。

そして、中居正広は紺綬褒章を受章していますが、勲章を受章出来るのも、天皇家の利益に貢献したからに他なりません。

この様に、中居正広は表向きチャリティー活動として、善を行っている様に見えますが、その実態はイルミナティの悪事を後押ししている工作員です。

そして、中居正広はコロナワクチンの接種にも加担していました。

以前にも記事にさせて頂きましたが、政治家や有名人、芸能人のワクチン接種はただのプロパガンダです。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

コロナワクチンが危険であるとの認識は、ネット上ではかなり広まっています。

その危険なワクチンを接種して、私たち庶民に接種させようという魂胆が見える事からも、中居正広はイルミナティの工作員に間違いありません。

そんな中居正広の正体は、実は日本人ではありません。

下記ツイートをご覧ください。

中居正広という名前は通名で、朝鮮名は「朴大正」と言います。

李家の人物とそっくりである事からも、中居正広は李家の血筋であると言えます。

また、中居正広は木村拓哉ともそっくりです。

下記ツイートをご覧ください。

中居正広、木村拓哉、滝沢秀明、ウエンツ瑛士は李嘉誠にそっくりです。

彼らは全員、李家の血筋という事になります。

李家は、この日本を支配している在日です。

中居正広や木村拓哉が、SMAP解散後も続けて活躍しているのも「李家」の血筋であるからに他なりません。

また、木村拓哉の次女「koki」は、熱海の土砂災害にて不謹慎な投稿をしたとして炎上していました。(詳細は下記リンクをご覧ください。)

この様に、李家の血筋である有名人や芸能人は、イルミナティの悪事を後押しする工作員に過ぎません。

私たち庶民が、安心して暮らしていける世界にする為にも、悪の限りを尽くしているイルミナティ及び李家が一刻も早く滅び去ります様に、これからも引き続きイルミナティ及び李家の裁きと滅びを強力にお祈りして参ります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

HAJIME